たか爺のお気楽リタイア生活

毎日が日曜日、きょうはなにしよっか・・

ブロック塀の総点検を!! 

 

大阪北部地震で小学校4年の女児(9つ)などが倒壊したブロック塀

の下敷きになって死亡したことを受け、三重県伊勢市の

鈴木健一市長は19日の定例記者会見で、ブロック塀などの

安全性を確認する緊急点検を早期に実施する考えを示した。


ブロック塀1


市ではブロック塀を撤去するための補助制度を設けており、活用に向けて周知にも努める。

市は平成25年度に同制度を設けた。道に面している高さ1メートル以上

のブロック塀を対象に8万円を上限とし、撤去費用を補助している。

昨年度は9件の利用があったが、鈴木市長は「塀が崩れると避難経路

がなくなる恐れもある。改めて制度の周知を図りたい」と話した。

ブログ村ランキングに参加中!


ポチッとクリックお願いします m(_ _)m
          
      


category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top

サッカー日本代表、コロンビア撃破 

 

19日は、夜9時ころからずっと、サーカーの試合に釘付けになった


結果は2-1で日本の劇的な勝利

サッカー1

日本は、ワールドカップ史上、始めて南米チームに勝利したのだ


ただ、この日は相手チームは反則で退場者を出して

ほぼ、10人だったので、次も気を引き締めて頑張って欲しい

ブログ村ランキングに参加中!


ポチッとクリックお願いします m(_ _)m
          
      

category: 神戸の街

tb: --   cm: 0

△top

京都祇園で友人の絵画作品を観賞!! 

 

大阪北部地震、18日の朝は大きなゆれで眠りを覚まされました。

被害にあわれた方の心情はいかばかりでしょうか。


DSC00584.jpg
(先斗町の入り口)


さて、その前日17日(日)はかねてから予定していた高校時代からの友人の


DSC00585.jpg
DSC00587.jpg
(鴨川と納涼床)


西岡民雄画伯の個展が京都・祇園のギャラリー正観堂さんで

開催されるのでみなで連れ立って行ってきた


DSC00589.jpg
(ギヤラリー正観堂)


花見小路から少し入った所に画廊はある


DSC00590.jpg


伊勢からの友人やら総勢六人で押しかけた↑↓


画廊に展示してあるのは全て西岡画伯の絵画ばかりだ


DSC00591.jpg


左奥立っているのが西岡画伯↑。絵を描いて50年の作家さんである


DSC00593.jpg


DSC00597.jpg
作品↑。画廊を後にしてそろそろ昼頃なのでここへ↓


DSC00602.jpg
先斗町の岩焼先斗町ことしさん。前もって予約しておいた↑


DSC00603.jpg
豆腐となめこときのこのなんとかかんとか・・??忘れた


DSC00605.jpg
友人たち↑


DSC00608.jpg
おっきなぶりの照り焼き↑↓


DSC00609.jpg


DSC00613.jpg
アイスシャーベットとあとはコーヒー。


高校時代の友人六人と、タップリ三時間近く話し込んでしまった。楽しい一日でした。


ブログ村ランキングに参加中!


ポチッとクリックお願いします m(_ _)m
          
      



category: 京都の街

tb: 0   cm: 2

△top

シャッター街に高校生がペイント 

 

三重県志摩市の志摩高校美術部員15人が、伊勢市の中心市街地

にある「伊勢銀座新道商店街」を盛り上げようと、閉店舗の

シャッターに自分らがデザインした絵を描いている。23日に完成予定。

平成27年に、同商店街振興組合(河村武彦理事長)が閉店舗の

目立つ商店街を明るく楽しい場所にしようと、路線バスへの

ペイントやイラストレーターとコラボした病院での似顔絵セラピーなど、

地域と連携して活性化に取り組む同校美術部に依頼。

伊勢市内の高校美術部も参加し、同商店街でのシャッターペイントが始まった。

同校は毎年参加し、自然に関するデザインを部員らが考案。

ペイント



4回目となる今年は一人ずつデザインを考えて投票し、

2年の森英美部長(17)の「光」に決まった。森部長は「太陽の光を浴びて生

きている植物や虫をモチーフに『光』を表現した」と説明

。9―17日の土日に作業に取り組んだ。

高校生の意欲的な取り組みに感謝!!

ブログ村ランキングに参加中!


ポチッとクリックお願いします m(_ _)m
          
      


category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top

被害4500万円 

 

三重県松阪市は15日、同市桂瀬町の市クリーンセンターの

高速回転式破砕機が、約14キロの鉄塊の混入が原因で

故障したと発表した。被害額は約4500万円。

破砕機は1分間に300回転し、不燃物をこぶし状に砕く。

破砕後、鉄やアルミ、ガラス、陶磁器、可燃物などに選別する。


鉄1


12日午前10時15分ごろ、不燃物ごみピットに混じっていた鉄塊の

衝撃で破砕機の主軸や軸受けが損傷し、交換などの整備が必要になった。

28日までに修理を終える。不燃物の受け入れは通常通り。

「ごみ・分別ガイドブック」では鉄塊やバール、鉄アレイなど破砕

できない不燃物は同センターへ直接持ち込むよう案内している。



ブログ村ランキングに参加中!


ポチッとクリックお願いします m(_ _)m
          
      



category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top