FC2ブログ

たか爺のお気楽リタイア生活

毎日が日曜日、きょうはなにしよっか・・

熊野花火大会26日に延期 

 

熊野市と市観光協会は十一日、市内の七里御浜海岸で十七日に開催予定の

熊野大花火大会を、二十六日に延期すると発表した。台風10号による高波で

世界遺産「鬼ケ城」の仕掛け花火の準備ができず、花火を打ち上げる台船も

来られないことから延期を決めたという。延期は二〇一五年以来。


 十一日午前九時に市観光協会のホームページなどを通じて公表した。

協会事務所には延期を確認する電話の問い合わせが相次いだ。

市は市街地に駐車場や交通規制を示す看板を約二百枚設置していたが、

強風で飛ぶ恐れがある約五十枚を撤去する対応に追われた。

有料浜席や危険区域などを区切る「浜割り」を二十一日に行い、

午後五時から場所取りを解禁する。

残念ですが台風接近なのでしょうがないですね



にほんブログ村シニアブログランキングに参加しています
よろしかったらぜひ、ポチッとクリックお願いします
はげみになります m(_ _)m

          
      



category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top

尾鷲北ICと尾鷲南IC間が2021年度夏に開通 

 


国土交通省紀勢国道事務所は三十一日、自動車専用道路「熊野尾鷲道路」で、

未開通となっている尾鷲市の尾鷲北インターチェンジ(IC)-尾鷲南IC間の五・四キロが、

二〇二一年夏ごろに開通する見通しになったと発表した。


尾鷲3


 片側一車線で、総事業費約三百四十億円をかけて一四年度に着工した。

現在、トンネル四カ所のうち一カ所が完成し、他の三カ所は工事中。

六カ所ある橋も一カ所が完成したほか、四カ所で工事が進んでおり、開通の見通しが立った。


 開通すれば、一部が南海トラフ地震の津波浸水想定区域に入っている国道42号を回避し、

東紀州に物資を運べるようになる。二一年九月に開かれる「三重とこわか国体」で

、選手や応援団が競技会場に移動する際の時間短縮にもつながる。


不便だった三重県最南部への交通も随分と楽になりそうです



にほんブログ村シニアブログランキングに参加しています
よろしかったらぜひ、ポチッとクリックお願いします
はげみになります m(_ _)m

          
      



category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top

38000本のひまわりが満開 

 

四日市市桜町のブルーベリー摘み取り農園「さくらベリーズガーデン」(山原忠彦オーナー)

に今夏、ヒマワリ畑が初お目見えした。鈴鹿山脈を背景に、約3万8千本の大輪が

咲き誇り、市内外から多くの人々が撮影や見物に訪れている。見ごろは8月4日ごろまで。

山原オーナー(56)が、「近くに何か見所があればいいね」という同園のお客の声に応え

、例年はジャガイモを栽培していた約40アールの畑にヒマワリなど3種の花の種を植えた。

花畑は、鈴鹿山脈の雲母(きらら)峰を望


ひまわり1


むことから「きららの丘」と名付けたという。

ヒマワリに続き、マリーゴールドやコスモスが順次開花する。山原オーナーは

「自然豊かでのどかな風景を楽しんでいただきたい」と話している。

炎天下でのひまわり鑑賞はできたら避けたいネ





にほんブログ村シニアブログランキングに参加しています
よろしかったらぜひ、ポチッとクリックお願いします
はげみになります m(_ _)m

          
      


category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top

子供たちが神社へ宿泊 

 

子どもたちが神社に宿泊し、神道や日本文化に親しむ体験学習が29日、

三重県伊勢市の猿田彦神社で始まった。

若手の神職らでつくる県神道青年会が、毎年夏休みを利用し各地の神社

で開いている。県内の小学1―6年年生の32人が参加した。

体験は1泊2日。初日は、子どもたちが神職らから、参拝前に心身を

清める手水や正式参拝の作法を教わり実践した。

子供ら神社へ


境内を散策しながら、神社の由来や歴史も学んだ。

県神道青年会会長で猿田彦神社の宇治土公(うじとこ)祐高権禰宜(39)は

「テレビやゲームから離れ、お宮に泊まる集団生活を楽しんでほしい。

日常への感謝や伝統を大切にする気持ちを持ってくれたら」と話していた。

30日は、伊勢神宮内宮別宮「月読宮」の神域内の清掃奉仕や

ワークショップなどを予定している

子供たちは何事にも替えがたい経験をつめてよかったですね



にほんブログ村シニアブログランキングに参加しています
よろしかったらぜひ、ポチッとクリックお願いします
はげみになります m(_ _)m

          
      


category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top

津田学園が三重県代表に 

 

二十八日に県営松阪球場であった第百一回全国高校野球選手権三重大会

の決勝は、終盤まで1点を争う緊迫した熱戦となり、津田学園が海星に勝利し、

六十二校の頂点に立った。津田学園は春夏連続で甲子園大会に出場する。


夏の甲子園は八月六日に開幕する。


津田学園2



 準決勝まで無失点の津田学園のエース前佑囲斗投手(三年)を、


全試合二桁安打で勝ち上がってきた海星の強力打線が

攻略できるかに注目が集まった。


津田学園1



 一回に海星が2点を先制し、津田学園は四回に3本の適時打で逆転。

追い付かれた直後の七回には大音壱汰選手(三年)の適時打で勝ち越し、

八回にも2点を加え、前投手が反撃を1点に抑えて逃げ切った。


津田学園にはまずは甲子園での一勝を期待したいです


にほんブログ村シニアブログランキングに参加しています
よろしかったらぜひ、ポチッとクリックお願いします
はげみになります m(_ _)m

          
      

category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top