たか爺のお気楽リタイア生活

毎日が日曜日、きょうはなにしよっか・・

こちそう村へ 

 

たかっち夫婦はインドア派であまり、外食はあまりせぬのだが(車を処分して、いわゆる足もない)

P1080122_SP0000.jpg

20日に愛犬るんのお墓参りにレンタカーで行った時に、前入ったことがある

P1080123_SP0000.jpg

神戸市北区にある、ごちそう村さんで久しぶりに(一年ぶり?)にランチをした

P1080125_SP0000.jpg

私が頼んだのが、にぎり寿司と釜揚げご膳

P1080126_SP0000.jpg

にぎり寿司が五貫ついている。

よめが頼んだのが、まぐろのひつまぶしご膳

P1080124_SP0000.jpg

P1080132_SP0000.jpg

P1080127_SP0000.jpg
P1080128_SP0000.jpg

冷しうどん。これは少し硬かったな。たかつち的にはうどんは柔らかいのを好む。P1080129_SP0000.jpg

P1080133_SP0000.jpg

でも総じておいしかったよ。おなかイッパイになった。2000円でおつりが来た。ご馳走様でした。

ブ゙ログ村ランキングへ参加中!みなさまぽちっとクリックを お願いします
        
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 神事

tb: 0   cm: 0

△top

志摩に男海士(あま) 

 

志摩市内で実地調査をしていた立命館大学の付属高校生らが、

市役所で観光施策を発表した。生徒らは「海女バー」の設置

海士(男海女)のPRなど多様なアイデアを提案し、

参加者は熱心に耳を傾けていた。

男海女


 命館宇治、森山、慶詳高校の二、三年生十四人と

大学生・院生六人が二班に分かれ、市内各地を調査した

結果から、「志摩市には魅力ある地域資源がたくさんあるが、

それを生かせていない」と指摘。昼は磯着姿の若者が接客し、

夜は現役海女の体験談を聞ける「海女バー」「海女カフェ」を

市内に設置することを提案し、若者の雇用確保にもつながると説明した。

また、生徒らは鳥羽志摩に全国約半数の海女がいる事実が

知られていないとし、昨年約一千四百万人が参拝した伊勢神宮周辺

にも海女カフェを置き、観光客の流れを志摩市へ呼び寄せることを主張。

「海士のPRは意外性があって効果的」と呼び掛けた。

志摩市商工会の坂下啓登会長は「海士のPRと

いう考えはまったくなかった。異文化交流といった感じで

目を見開かれる思い」と語り、生徒らとの交流を続けていく考えを示していた。

 男海士が鳥羽志摩にいるとは知らなかったヨ

ブ゙ログ村ランキングへ参加中!みなさまぽちっとクリックを お願いします
         ↓

      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 神事

tb: 0   cm: 0

△top