たか爺のお気楽リタイア生活

毎日が日曜日、きょうはなにしよっか・・

まえのめり・・ 

 

Sちゃんはなにごとにも、くんくん隊

DSCF2484_SP0000.jpg

まえのめりすぎ
DSCF2485_SP0000.jpg

よそのワンのにおいがいっぱい
DSCF2489_SP0000.jpg


あのこも
DSCF2487_SP0000.jpg

このこも
DSCF2490_SP0000.jpg

気になる
DSCF2491_SP0000.jpg

もうめずらしいものがいっぱい・・
DSCF2492_SP0000.jpg

これからちょっとずつ慣れていこうね・・

category: 預り犬

tb: 0   cm: 0

△top

黄昏れる 

 

Sちゃんと夕刻さんぽに行った・・
DSCF2517 (0)_SP0000
夕日がまばゆい

足が悪いので・・
DSCF2518 (0)_SP0000

でも歩行時は殆ど足が悪いことを感じさせない・・

category: 預り犬

tb: 0   cm: 0

△top

葉っぱにも興味・・ 

 

Sちゃんは繁殖場にいたのでお散歩に
行ったことがない・・

DSCF2494_SP0000.jpg

落ち葉にも興味深深
DSCF2495_SP0000.jpg

ごみネットにもくんくん
DSCF2496_SP0000.jpg

こんなん見たこともないんでしょうネ
DSCF2497_SP0000.jpg

何事も体験体験!!

category: 預り犬

tb: 0   cm: 0

△top

世良美術館 

 

関西文化の日で、いつもは入場料500円のところを
無料で入れるので世良美術館に行ってきた
DSCF2367_SP0000.jpg

神戸・御影の閑静な住宅街にある
DSCF2368_SP0000.jpg

やはり無料の日と言うことで人が多い
DSCF2377_SP0000.jpg

螺旋階段も有名である
DSCF2373_SP0000.jpg

世良先生の作品である
DSCF2369_SP0000.jpg

女性らしい繊細な画である
DSCF2370_SP0000.jpg

飾りつけ
DSCF2371_SP0000.jpg

館内も落ち着く
DSCF2374_SP0000.jpg

ご愛用のグランドピアノである
DSCF2375_SP0000.jpg

玄関先である
DSCF2376_SP0000.jpg

このほか小磯先生の小品も飾ってあった

たまの休みには美術館も良い

世良美術館とは

兵庫県神戸市東灘区に1992年開館した。世良臣絵の個人美術館であるが

彼女の作品の他に、小磯良平の水彩作品など十数点、

濱田庄司の作品等の常設展示も行っている。

美術館の建物は神戸市建築文化賞他多数受賞している。

塔の部分にあたる大きな螺旋階段で、地下1階から2階まである展示室を巡ることができる。

83名収容のサロンでは、音楽リサイタル、コンサートが毎週のように行われている

category: 神戸の街

tb: 0   cm: 0

△top

初めてのお散歩 

 

Sちゃんが初めてのお散歩>へ行った
P1040639_SP0000.jpg

初めてなのにしっかりと歩いている
P1040630_SP0000.jpg

ブイブイ・・
P1040637_SP0000.jpg

なにかあるのかな
P1040643_SP0000.jpg

P1040646_SP0000.jpg

横にそれることなく
P1040654_SP0000.jpg

ちょっと休憩しよっか・・P1040669_SP0000.jpg

P1040661_SP0000.jpg

けっこう早いスヒードであるいていたね

category: 預り犬

tb: 0   cm: 0

△top

入浴なのだ・・ 

 

Sちゃんお風呂でかゆいかゆいをぶっ飛ばそう
P1040532_SP0000.jpg

皮膚によく効く液体をつけて・・
P1040520_SP0000.jpg

P1040542_SP0000.jpg
これだれ・・

P1040602_SP0000.jpg
おとなしくできました

P1040614_SP0000.jpg
ちょっと放心状態

P1040616_SP0000.jpg
さっ、身体を拭いて

P1040618_SP0000.jpg
気持ち良さそう・・

category: 預り犬

tb: 0   cm: 0

△top

まったりと・・ 

 

Sちゃんは最近ソファーでよく寛いでいる

DSCF2454_SP0000.jpg

落ち着いてきたのかな?

DSCF2482_SP0000.jpg
なにか?

いえっ、なんでもないっす・・

category: 預り犬

tb: 0   cm: 0

△top

Sちゃん外出 

 

Sちゃんがうちへきて、初めての外出
P1040505_SP0000.jpg

保護されるまであまりにもひどい環境だったので
P1040504_SP0000.jpg

獣医さんに診てもらったら、やはり皮膚を小まめに綺麗にしなさいと言われた
P1040508_SP0000.jpg

そのあと服とか買いにヘ゜ットワンさんへ
P1040506_SP0000.jpg

やはり不安げにしている
P1040512_SP0000.jpg

まあしょうがないよね。初めての外出だもんね・・
P1040517_SP0000.jpg

ゆっくり慣れていこうね、Sちゃん。

category: 預り犬

tb: 0   cm: 0

△top

パンダを見に行った 

 

神戸市立王子動物園に行ってきた
DSCF2306_SP0000.jpg

自宅の近くにある
DSCF2299_SP0000.jpg

すこやか手帳を提示すると500円が無料になる
DSCF2274_SP0000.jpg

まず入り口の近くには象だ。意外に巨大だ
DSCF2277_SP0000.jpg

かわいい。カピバラである
DSCF2294_SP0000.jpg

池がフラミンゴで覆いつくされていた!!
DSCF2297_SP0000.jpg

これはなに??
DSCF2279_SP0000.jpg

ぬいぐるみがある
DSCF2289_SP0000.jpg

そう
DSCF2286_SP0000.jpg

今日のお目当てのメスのジャイアントパンダ旦旦ちゃんだ!!
DSCF2287_SP0000.jpg
1995年に中国からやってきた

DSCF2292_SP0000.jpg
平日なのでお客は数名。とっても見やすかった

category: 神戸の街

tb: 0   cm: 0

△top

虚子記念文学館へ行ってきた 

 

俳人 高浜虚子の文学館が芦屋にある。天気もよかったのでいってみた
DSCF2391_SP0000.jpg


DSCF2390_SP0000.jpg

平田町の閑静な住宅街にある
DSCF2394_SP0000.jpg

俳人仲間との交わりもある
DSCF2395_SP0000.jpg

DSCF2396_SP0000.jpg
おしゃれである

DSCF2398_SP0000.jpg

今日は無料で入場できた(普段は500円である)
DSCF2397_SP0000.jpg

高浜 虚子
(たかはま きょし)

誕生 1874年2月22日
 愛媛県温泉郡長町新町

死没 1959年4月8日(満85歳没)

職業 俳人・小説家

ホトトギス派

代表作
『虚子句集』

主な受賞歴
文化勲章
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

高浜 虚子(たかはま きょし、1874年(明治7年)2月22日 - 1959年(昭和34年)4月8日)は明治・昭和期の俳人・小説家。本名・高濱 清(たかはま きよし)。

ホトトギスの理念となる「客観写生」「花鳥諷詠」を提唱したことでも知られる。

category: 兵庫のこと

tb: 0   cm: 0

△top