たか爺のお気楽リタイア生活

毎日が日曜日、きょうはなにしよっか・・

大阪銅吹屋跡 

 

アルバイト先の近くに大阪(住友)銅吹屋跡がある
DSCF2621_SP0000.jpg


大坂銅吹屋(おおざかどうふきや)は江戸時代に全国の銅山から産出した荒銅(粗銅)を
大坂に集積し、南蛮吹により少量含まれる銀を分離し精銅を製造する機関である。
これは輸出用の御用銅を確保し銅地金の流通を幕府が管理する目的で設立されたものであった。
DSCF2613_SP0000.jpg

まわりはビル街である

DSCF2615_SP0000.jpg
三井住友銀行さんのビルのショーケースである

DSCF2619_SP0000.jpg
同じ敷地内に住友本家のビリヤード場がある

DSCF2624_SP0000.jpg

この建物は重要文化財である
DSCF2620_SP0000.jpg

身近なところにひっそりと重文があるのだ


ランキングに参加しています ぽちっとご協力お願いします
       ↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ   団塊の世代へ
   にほんブログ村


大坂銅吹屋


大坂銅吹屋(おおざかどうふきや)は江戸時代に全国の銅山から産出した荒銅(粗銅)を大坂に集積し、南蛮吹により少量含まれる銀を分離し精銅を製造する機関である。これは輸出用の御用銅を確保し銅地金の流通を幕府が管理する目的で設立されたものであった。

設立の背景
慶長から元和年間にかけて石見銀山、蒲生銀山、生野銀山、多田銀山、院内銀山の産銀は最盛期を迎えたが、その後次第に衰退し、金銀の国外流出が巨額に上ったため貨幣用金銀が不足し貨幣の全国統一を遅らせた。一方で足尾銅山に続いて元禄年間には別子銅山および阿仁銅山などの産出が最盛期を迎え、幕府は金銀に代えて銅を輸出することを奨励した。幕府は元禄10年(1697年)、銅の輸出定額を年間8,902,000斤(5,337トン)と定めたが、銅の産出は元禄年間がピークであり、それ以降に見込んでいた程、産銅が伸びず、また寛永通寳などの鋳銭用銅の需要も伸び年間400万斤(2,400トン)程度を必要としたため、国内での産銅でこれをまかなうのは無理であり保有銅も次第に減少した。そこで輸出定量として定めた量を確保するため、元禄14年(1701年)に銀座の加役として銅座を設立し、全国の銅山で産出される荒銅は全て大坂銅吹屋に集積され統制されることとなった[1]。大坂銀座に設けられた銅座役所は表間口8間、奥行8間の敷地であった[2][3]。

この銅吹屋の中心となったのが泉屋(いずみや)であり、後の住友財閥発展の基礎となった。泉屋は、元和9年(1623年)に内淡路町に銅吹所を開設し、寛永13年(1636年)に長堀茂左衛門町に移転し、最大の銅精錬所となり国内の約3分の一を精錬していた。このほかにも大坂屋(おおざかや)、平野屋(ひらのや)、大塚屋(おおつかや)などの吹屋があったという。

諸国の銅山で産出される荒銅には少量の銀を含むものがあり、この荒銅に鉛を加えて鎔融し徐々に冷却すると精銅が析出する。この精銅の純度は99.9%程度に達したという。この精銅を分離し鎔融している銀を含んだ貴鉛から灰吹法により銀が採取された。荒銅から灰吹法により灰吹銀を取り出す作業は特に南蛮吹(なんばんぶき)あるいは南蛮絞(なんばんしぼり)と呼ばれ、またこの技術は蘇我理右衛門により開発されたとされるが、「南蛮」と称することから白水(はくすい)と呼ばれた南蛮人により伝えられたともいわれ、この「白水」の文字を組み合わせて泉屋の屋号が誕生したとする説がある。

精錬された地金は竿銅(さおどう)として銅座を通じて長崎に送られ、輸出用の御用銅(ごようどう)とされた。また国内用銅は、銭貨鋳造用については銭座に、地売(じうり)用銅は銅細工人に売り渡された。

しかし正徳年間に入り銅山の生産諸条件が悪化し、大坂登銅額も減少してきたため、正徳2年3月(1712年)に銅座は廃止され、銅吹屋17人にこれまでの実績に応じて長崎御用銅500万斤(3,000トン)を配分して精錬させた。しかし輸出用銅の価格は外国の相場により決まり、一方国内用地売銅は高騰し価格が大きく乖離することになった。需要量の大部分が価格の低い輸出用銅であったため、鉱山の経営はますます悪化したという。また御用銅と地売銅の価格の乖離は大坂を経由しない抜売を行わせる原因となった。
          
            ブログ村ランキングへ参加中! みなさまぽちっとクリックを
              にほんブログ村 シニア日記ブログ   団塊の世代へ
            にほんブログ村

    
            



category: 大阪の街

tb: 0   cm: 0

△top

カワサキワールドって・・ 

 

カワサキワールド へ行ってきた
DSCF2582_SP0000.jpg

カワサキワールド(Kawasaki Good Times World)とは、
川崎重工業が神戸海洋博物館内に設置した企業ミュージアムである
。カワサキワールド内での写真撮影は全面許可されている。
DSCF2567_SP0000.jpg

入場料500円が、すこやかカードの提示で250円になる
DSCF2583_SP0000.jpg

川崎重工業の歴史がよく分かる
DSCF2584_SP0000.jpg

海洋関係の模型もある
DSCF2585_SP0000.jpg


DSCF2586_SP0000.jpg
バイク好きにはよだれが出そうなものがある!!

DSCF2587_SP0000.jpg
これにその場で跨ることができる

DSCF2588_SP0000.jpg
一時代を画したい逸品らしい

DSCF2591_SP0000.jpg
マシンが勢ぞろいである
良い目の保養となった
         
            ランキング参加しています ご協力お願いします。
                       ↓
               にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
                  にほんブログ村





category: 神戸の街

tb: 0   cm: 0

△top

50周年神戸ポートタワー 

 

   神戸市発行のすこやかカードを携えて、
  神戸ポートタワー
へ登った
DSCF2602_SP0000.jpg

一人600円のところ、半額の300円になる
DSCF2603_SP0000.jpg

すごくレトロなところが良い!!
DSCF2605_SP0000.jpg

昭和の香がプンプンする
DSCF2601_SP0000.jpg

おなじみの、鼓の形をしている

DSCF2612_SP0000.jpg

頂上部分は三層構造になっている
若いカップルも多い

大阪で言えば通天閣か・・
DSCF2607_SP0000.jpg
今日も平日に関わらず、お客様が多かった

ランキングに参加しています ぽちっとご協力お願いします
       ↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
 にほんブログ村




category: 神戸の街

tb: 0   cm: 0

△top

あんただーれ? 

 

Sちゃんと散歩中
P1040786_SP0000.jpg

ワンコとバッタリ
P1040787_SP0000.jpg
あんた、だーれ??

強気のSちゃん
P1040785_SP0000.jpg
相手の子ははタジタジ

  茶色のミニチュアダックスのここちゃん、男の子一歳です
P1040788_SP0000.jpg
ランキングに参加しています ぽちっとご協力お願いします
       ↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
                  にほんブログ村

P1040789_SP0000.jpg
あんた、イケメンじゃん!

P1040790_SP0000.jpg
こちらこそ、よろしくネ

P1040792_SP0000.jpg
興味がなくなるのもSちゃんは早い!

P1040791_SP0000.jpg
すたこらサッサと横をすり抜けていくのでした

 ブログ村ランキングへ参加中! みなさまぽちっとクリックを
                 にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
                  にほんブログ村



category: 預り犬

tb: 0   cm: 0

△top

震災メモリアルパーク 

 

神戸港の一角に阪神・淡路大震災当時の面影を残した場所がある
DSCF2561_SP0000.jpg


DSCF2562_SP0000.jpg

神戸港のメリケンパークの一角に位置する。1995年1月17日の兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)で
、メリケンパークも大きな被害を受けた。大震災の教訓、港の重要性、日本国内外の多くの人が一体と
なって港の復旧・復興に努めた様子を後世に伝えようと、メリケンパークの岸壁の一部・約60メートルを
被災当時のままの状態で保存している。

DSCF2563_SP0000.jpg

近くには休憩所を兼ねた展示スペースもあり、阪神・淡路大震災の記録写真パネルなど、当時の
被害状況の資料が展示されている。
DSCF2565_SP0000.jpg

今、東日本大震災の被災建築物を残すかどうか、議論がなされているが
DSCF2566_SP0000.jpg

身近に、震災当時のまま保存されている遺構があるので
皆さんも一度足を運ばれてはいかか゛かと思う!!

    ランキングに参加しています ぽちっとご協力お願いします
       ↓
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
       にほんブログ村


category: 神戸の街

tb: 0   cm: 0

△top

御堂筋イルミと忘年会 

 

先週金曜日、大阪の肥後橋で同窓会をやった

P1040793_SP0000.jpg

伊勢高校の大阪同期会である
P1040795_SP0000.jpg

肥後橋の住友クラブさんを使わせていただいた
P1040812_SP0000.jpg
ランキングに参加しています ぽちっとご協力お願いします
       ↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
                  にほんブログ村


P1040794_SP0000.jpg

故郷を離れて会う同郷の人は懐かしい!!
P1040798_SP0000.jpg


みなさん齢を重ねてよいお顔になっている
P1040804_SP0000.jpg

現役バリバリの人もいる
P1040807_SP0000.jpg

料理もリーガホテル製なので美味しかった
P1040814_SP0000.jpg
帰途御堂筋をブラブラ歩いていったら
御堂筋イルミネーションをやっていた!!

P1040820_SP0000.jpg
大阪駅でも巨大なクリスマスツリーに出逢えたヨ

その日はとても良い気分で、皆とのまたの再会を約束し別れた



ランキングに参加しています みなさま、ささっとクリックを!

       ↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
 にほんブログ村


 




category: 同期会

tb: 0   cm: 0

△top

明治維新神戸事件って 

 

神戸三宮へ立ち寄った
DSCF2635_SP0000.jpg
史跡神戸事件の碑があった

場所はここ
DSCF2629_SP0000.jpg
神戸大丸のまん前である

三宮神社のあるところである
DSCF2638_SP0000.jpg

DSCF2634_SP0000.jpg

DSCF2636_SP0000.jpg
その時使われた大砲のレプリカである

DSCF2631_SP0000.jpg
武士が見せしめに切腹させられたのだ

DSCF2632_SP0000.jpg
いまにその歴史を刻む三宮神社でである・・

DSCF2640_SP0000.jpg
近くには立派な教会があった・・

ランキング参加しています ぽちっとご協力お願いします
       ↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
                  にほんブログ村



神戸事件  


三宮神社境内に展示された当時のものと同型の大砲
神戸事件(こうべじけん)とは慶応4年1月11日(1868年2月4日)、神戸(現・神戸市)三宮神社前において備前藩(現・岡山県)兵が隊列を横切ったフランス人水兵らを負傷させたうえ、居留地(現・旧居留地)予定地を検分中の欧米諸国公使らに水平射撃を加えた事件である。備前事件とも呼ばれる。明治政府初の外交問題となった。

この事件により、一時、外国軍が神戸中心部を占拠するに至るなどの動きにまで発展したが、その際に問題を起こした隊の責任者であった滝善三郎が切腹する事で一応の解決を見た。

相前後して堺事件が発生し、共に外国人に切腹を深く印象付けることとなった。

事件の発端[編集]慶応4年1月3日(1868年1月27日)、戊辰戦争が開戦、間も無く、徳川方の尼崎藩(現・兵庫県)を牽制するため、明治新政府は備前藩に摂津西宮(現・西宮市)の警備を命じた。備前藩では1月5日(1月29日)までに2,000人の兵を出立させ、このうち家老・日置帯刀(へきたてわき)率いる500人(800人説もある)は大砲を伴って陸路を進んだ。この際、慶応3年12月7日(1868年1月1日)の兵庫開港(現・神戸港)に伴い、大名行列と外国人の衝突を避けるために徳川幕府によって作られた「徳川道」を通らず、西国街道を進んだことが事件の引き金の一つとなってしまう。

1月11日(2月4日)13時過ぎ、備前藩兵の隊列が神戸三宮神社近くに差しかかった時、付近の建物から出てきたフランス人水兵2人が列を横切ろうとした[1]。これは日本側から見ると武家諸法度に定められた「供割」(ともわり)と呼ばれる非常に無礼な行為で、これを見た第3砲兵隊長・滝善三郎正信が槍を持って制止に入った。しかし、言葉が通じず、強引に隊列を横切ろうとする水兵に対し、滝が槍で突きかかり軽傷を負わせてしまった[2]。

これに対していったん民家に退いた水兵数人が拳銃を取り出し、それを見た滝が「鉄砲、鉄砲」と叫んだのを発砲命令と受け取った藩兵が発砲、銃撃戦に発展した。この西国街道沿いにおける小競り合いが、隣接する居留地予定地を実況検分していた欧米諸国公使たちに銃口を向け、数度[3]一斉射撃を加えることに発展する。弾はほとんどあたらず頭上を飛び越して、居留地の反対側にある旧幕府の兵庫運上所(神戸税関)の屋上に翻る列国の国旗を穴だらけにした[4]。銃口を上に向けた威嚇射撃であったのか、殺意はあったが訓練不足により命中しなかったのかに関して欧米人の証言も一致していない[5]。

事件の推移は

三宮神社の史蹟碑。裏面に「昭和十年 神戸市」と文字が刻されている。史蹟名勝天然紀念物保存法に基づき設置されたものと推測される

自らも現場に居合わせたイギリス公使ハリー・パークス[6]は激怒し、折しも兵庫開港を祝って集結していた各国艦船に緊急事態を通達、アメリカ海兵隊、イギリスの警備隊、フランスの水兵が備前藩兵を居留地外に追撃し、生田川の河原で撃ち合いとなった[7]。備前側では、家老日置が藩兵隊に射撃中止・撤退を命令、お互いに死者も無く負傷者もほとんど無かった。
神戸に領事館を持つ列強諸国は、同日中に、居留地(外国人居留地)防衛の名目をもって神戸中心部を軍事占拠し、兵庫港に停泊する日本船舶を拿捕した。この時点では、朝廷は諸外国に対して徳川幕府から明治政府への政権移譲を宣言しておらず、伊藤俊輔(後の伊藤博文)が折衝に当たるも決裂するに至る。
1月15日(2月8日)、急遽、開国和親を朝廷より宣言した上で明治新政府への政権移譲を表明、東久世通禧を代表として交渉を開始した。
諸外国側の要求は日本在留外国人の身柄の安全保証と当該事件の日本側責任者の厳重処罰、すなわち滝の処刑というものであった。この事件における外国人側被害に対して処罰が重すぎるのではないかとの声もあり、また、日本側としては滝の行為は、少なくとも「供割」への対処は武士として当然のものでもあったが[8]、列強の強い要求の前に抗うことが出来ず、伊藤や五代才助(後の五代友厚)を通じた伊達宗城の期限ギリギリまでの助命嘆願もフランスのレオン・ロッシュをはじめとする公使投票の前に否決される。
結局、2月2日(2月24日)、備前藩は諸外国側の要求を受け入れ、2月9日(3月2日)、永福寺において列強外交官列席のもとで滝を切腹させるのと同時に備前藩部隊を率いた日置について謹慎を課すということで、一応の決着を見たのである。
事件の意味 神戸事件は大政奉還を経て明治新政府政権となって初めての外交事件である。結果として諸国列強に押し切られる形で滝善三郎という1人の命を代償として問題を解決する形にはなったが、これ以降、明治政府が対外政策に当たる正当な政府であるということを諸外国に示した。また、朝廷がこのときまで唱えていた「攘夷」(外国を討ち払う)政策を「開国和親」へと一気に方針転換させた事件でもあった。ただし、この「開国和親」表明は外交団に対するものであり、新政府内にも未だ攘夷を支持する者もいることから、国内に対してはその事実を明確にはしなかった。国内に対する正式な表明は翌年5月28日(1869年7月7日)に行われた新政府の上局会議における決定によるものである。

この問題の行方によっては薩英戦争同様の事態に進展する可能性もあり、さらに神戸が香港や上海の様に理不尽な占領下に置かれる事態も起こり得たことから、滝善三郎の犠牲によって危機回避がなされたことは日本史の流れにおいても重大な出来事であった。

            ブログ村ランキングへ参加中! みなさまぽちっとクリックを
                 にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
                  にほんブログ村

category: 神戸の街

tb: 0   cm: 0

△top

宮城道雄って・・ 

 

元の勤務先の近くにこんなモノがある
DSCF2641_SP0001.jpg

宮城道雄生誕の地のプレートて゜ある
DSCF2642_SP0001.jpg

うっかりと見過ごしそうである
DSCF2646_SP0000.jpg
三井住友銀行さんの神戸本店ビル内にある

DSCF2652_SP0001.jpg
おまけ


ランキング参加しています ご協力お願いします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
                  にほんブログ村




宮城道雄出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


宮城 道雄(みやぎ みちお、1894年(明治27年)4月7日 - 1956年(昭和31年)6月25日)は、兵庫県神戸市生まれの作曲家・箏曲家である。旧姓は菅(すが)。十七絃の発明者としても知られる。

『雨の念仏』(1935年)などの随筆により文筆家としての評価も高い。作家の内田百閒とは親友同士であり、交友も深く、双方の随筆でたびたび言及していた。



略歴 兵庫県神戸市生まれ。父親は広島県沼隈郡鞆町(現在の福山市)、母親も同県安佐郡祇園町(現在の広島市安佐南区)出身。8歳で失明し、生田流箏曲の二代菊仲検校に師事するも、その後兄弟子菊西繁樹の紹介により二代中島検校に師事して11歳で免許皆伝となる。13歳のとき、一家で朝鮮の仁川へ渡り、箏と尺八を教えて家計を助ける。14歳で第一作の箏曲「水の変態」を書き上げ、伊藤博文に評価される。

その後京城(今のソウル)へ渡って頭角を現し、結婚して宮城姓を名乗る。そして1916年、大検校となった。1917年4月、上京するが間もなく妻が急死して翌年再婚した。

1919年、本郷春木町の中央会堂で念願の第1回作品発表会を開催して作曲家としてデビュー。自作や古典曲の演奏を行う一方、古典楽器の改良や新楽器の開発を行い、十七絃、八十絃、短琴(たんごと…家庭用の琴)、大胡弓(だいこきゅう…大型の胡弓)などを発明した。

1929年に発表した「春の海」は、フランス人女流ヴァイオリニスト、ルネ・シュメーと競演され、世界的な評価を得ることになった。1932年に日、米、仏でレコードが発売されている。春の海は父親の故郷であり失明前に育てられた土地、福山市鞆町から見える鞆の浦にインスピレーションを受けて創作したもの。


宮城道雄記念館
1956年6月25日未明、大阪の公演へ向かう途中、愛知県刈谷市の刈谷駅付近で夜行急行列車「銀河」に付き添いで同行している義理の姪(内弟子)と共に乗っていたが、この列車の昇降ドアから外へ出て列車の外に転落した事が原因で死亡した。当時は寝ぼけてトイレのドアと乗降口を間違えたなどの推測がなされたが、どれも信頼性がなく結局警察は自殺と認定している。しかし現在でも事故か自殺か、真相は不明のままである。なお、列車から落ちてすぐに死亡したのではなく、落ちた後に現場を通りかかった貨物列車の乗務員が線路脇にうずくまっている人を発見。すぐに通報を受けた刈谷駅の職員に助けられ豊田病院へと搬送されたあと午前7時15分に病院で死亡している。

命日の6月25日は遺作の歌曲にちなみ、「浜木綿忌」と呼ばれている。

神戸の旧居留地58番地(現:56番の三井住友銀行神戸本部ビル敷地内)に生誕地の碑が建ち、東京都新宿区に日本で最初の音楽家の記念館「宮城道雄記念館」が建つ。その曲風に、西洋音楽の息吹を感じられるのは、幼少の頃、神戸のレコード屋の前で熱心に立ち聞きして覚えた旋律にあると言われる。


            ブログ村ランキングへ参加中! みなさまぽちっとクリックを
                 にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
                  にほんブログ村

category: 神戸の街

tb: 0   cm: 0

△top

旧居留地15番館 

 

旧居留地十五番館
用事があり、神戸三宮へ出掛けたらあった!!

DSCF2649_SP0001.jpg
旧居留地15番館である

DSCF2651_SP0001.jpg
国の重要文化財である

DSCF2657_SP0001.jpg
横から見るとこんな感じ


DSCF2656_SP0001.jpg
ビルの谷間にたたずんでいる。

DSCF2660_SP0001.jpg
横から近ずいてみるとなにやら?

DSCF2659_SP0001.jpg
国登録有形文化財である

DSCF2658_SP0001.jpg
地下水道施設で、近代産業遺産である

DSCF2661_SP0001.jpg
中ではレストランが営業している

まちなかで重文の中で営業活動中とは素晴らしい!!


旧居留地十五番館
旧居留地十五番館(きゅうきょりゅうちじゅうごばんかん)は、兵庫県神戸市中央区の旧居留地にある西洋館。旧アメリカ合衆国領事館。

旧居留地に唯一現存する居留地時代(1868年~1899年)の建築物で、国の重要文化財にも指定されており、当時の街区境界の煉瓦塀や石柱などとともに保存されている。重要文化財指定名称は「旧神戸居留地十五番館」。

館は神戸市立博物館の西向かいに位置する。館の東玄関脇の歩道には日本最古の近代下水道である「旧神戸居留地煉瓦造下水道」(工事期間1868年 - 1872年)の遺構(国の登録有形文化財)が展示されている。

日没から23時までライトアップされる。





            ブログ村ランキングへ参加中! みなさまささっとクリックを
                 にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
                  にほんブログ村
       

category: 神戸の街

tb: 0   cm: 0

△top

そこまで付き合うか 

 

Sちゃんはべったり

つれあいがソファーで寛いでいるといつもベッタリ!
DSCF2555_SP0000.jpg

必ずSちゃんも付き合って寝そべっている
DSCF2556_SP0000.jpg

ぐうたらなワンコにならないか
DSCF2555_SP0000.jpg


まっいいか

              ブログ村ランキングへ参加中! ささっとクリックを
                 にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
                  にほんブログ村

category: 預り犬

tb: 0   cm: 0

△top