たか爺のお気楽リタイア生活

毎日が日曜日、きょうはなにしよっか・・

三重テラスで海女語る 

 

東京・三重テラス 現役海女がトーク 漁法など紹介

三重県は二十八日、首都圏で海女文化をPRするイベント

「三重の海女を知る」を東京・日本橋の三重テラスで開催した。

石原館長は講演で、海女漁について「資源を採り尽くさない漁業」と説明。

一回に五十秒間しか潜れない漁法だから乱獲が防げ、

資源が守られた、と解説した。また小さなアワビは再度海に戻す

などして資源調整を行ってきたことにも触れ、「自分たちの漁村が

持続するように考えたのが海女漁という漁法。だから五千年も続いてきた」と話した。

海女テラス


 
 講演の後、石原館長と鳥羽市神島から来た現役海女の

小久保園江さん、鎌田かね子さんを交えて、来場者からの

質問に答える形でトークセッションが行われた。来場者からは

「海女さんの平均年齢は?」「海に潜っていて恐怖を感じた経験は?」

「重労働に対してそれなりの対価はあるのですか?」など質問が出て、

現役海女との会話を楽しんだ。

ブ゙ログ村ランキングへ参加中!みなさまぽちっとクリックを お願いします
         ↓

      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top

駅ロッカー撤去、困った 

 


困ったぞ、駅ロッカーが無くなった

ユネスコの世界遺産登録十周年を迎えた熊野古道が注目を集める中、

三重と和歌山両県にまたがる熊野古道・伊勢路へのJR紀勢線の

最寄り駅からコインロッカーが撤去された。

手荷物を預けて古道を散策する観光客だけでなく、

地元の観光関係者からも困惑の声が上がっている。

尾鷲のロッカー


撤去されたのは、JR紀勢線の尾鷲駅(尾鷲市)と

熊野市駅(熊野市)のそれぞれ十三台。東海キヨスク(名古屋市)

によると、ロッカーは両駅構内にあったキヨスクが管理していた。

三月末、利用者の減少や採算不振で二駅のキヨスクを閉店し、

管理する人員がいなくなりロッカーも撤去した。

両駅はともに特急「ワイドビュー南紀」が停車し、三重の熊野古道

観光の起点ともなる駅。尾鷲駅は石畳道で人気の高い

「馬越峠」や伊勢路随一の難所「八鬼(やき)山越え」を歩く

観光客が利用する。熊野市駅周辺には日本最古の神社と

される「花の窟(いわや)神社」や名勝「鬼ケ城」がある。


 尾鷲市内では四月以降、尾鷲駅から四百五十メートル

離れた観光案内所が観光客の手荷物を無料で預かっている。

しかし手荷物預かりを案内する掲示板が駅周辺になく、

観光客は案内所が開いている時間に戻る必要があり、課題もある。

重い荷物を持って古道を散策できないよな

ブ゙ログ村ランキングへ参加中!みなさまぽちっとクリックを お願いします
         ↓

      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top

熊野の鬼サミット 

 

全国鬼サミット、熊野で10月開催

鬼伝説が残る世界遺産「鬼ケ城」

鬼にまつわる名所や伝承のある地域の人たちが集う

「全国鬼サミットin熊野・鬼ケ城」が十月四、五の両日、

熊野市で開かれる。市や熊野商工会議所などでつくる

実行委主催で、全国の関係者と情報交換しながら

鬼を観光資源にした地域活性化策などを探る。

熊野の鬼


サミットは全国の自治体など三十四団体が加盟しており、

今回で十二回目。第一回は一九九〇年に北海道登別市であり、

不定期で各地で開催されてきた。鬼に由来する文化や歴史

の発掘や情報発信、観光資源化などを話し合い、交流を深めている。

鬼サミット、面白そうやね・・

ブ゙ログ村ランキングへ参加中!みなさまぽちっとクリックを お願いします
         ↓

      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top

伊賀牛って? 

 

伊賀牛、海外初デビュー。

伊賀、名張の両市で飼育される県産ブランド牛肉

「伊賀牛」が二十六日、海外で初めて披露された。

伊賀牛


米国シアトル市の日本総領事公邸で開催された県

訪問団の歓迎会で、生産者らが試験的に輸出した

伊賀牛の料理を提供した。

伊賀牛って、始めて聞いたヨ?

ブ゙ログ村ランキングへ参加中!みなさまぽちっとクリックを お願いします
         ↓

      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top

風日祈宮で遷宮 

 

20年に一度の式年遷宮造営工事が行われている伊勢神宮内宮

別宮の「風日祈宮」で8月25日、屋根のかや葺(ふ)き作業が終わり

屋根に飾り金物「甍覆」を取り付ける祭典「甍祭(いらかさい)」が行われた。

風日宮


昨年の7月21日に内宮正殿、同23日に外宮正殿で

それぞれ行われた甍祭では、甍覆と千木(ちぎ)

、御形短柱(ごぎょうづか)を取り付けたが、

別宮では正殿よりも質素に仕上げるため甍覆のみが取り付けられる。

 この日、祭典では「小工(こだくみ)」と呼ばれる宮大工2人

が2つの甍覆を取り付ける所作を行った。

実際に甍覆を取り付けると新しい社の外観が完成する。

式年遷宮って、まだ始まったばかりなんだ

ブ゙ログ村ランキングへ参加中!みなさまぽちっとクリックを お願いします
         ↓

      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top

三重高校 

 

惜しくも優勝を逃す

三重高校、決勝戦は、ほぼ互角で、ミスしたほうが、負けると思っていたが、桐蔭は、ミスがなかった。

 45年ぶりの夢は、消えてしまった、甲子園。

三重高5


でもよくやったね。スクイズも完全に見破られていたし、・・・。でもよくやった。

三重校ナイン。一丸となった応援団の声援。

球場内に響く声援は凄かった。

ブ゙ログ村ランキングへ参加中!みなさまぽちっとクリックを お願いします
         ↓

      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top

三重、優勝へ 

 

夏の高校野球 三重エース今井が完封 日本文理降す

第96回全国高校野球選手権は24日、大会13日目を迎え準決勝2試合。

第1試合は日本文理(新潟)と三重(三重)が対戦。先制点を挙げた三重

が小刻みに加点、投げてはエースの今井が4試合連続の完投で

日本文理を降し、12回目の夏の大会出場で初めての決勝進出を果たした。

三重県勢としても1955年に優勝した四日市以来59年ぶりの決勝進出。

○三重(三重)5-0日本文理(新潟)●

このまま優勝まで突っ走れ

ブ゙ログ村ランキングへ参加中!みなさまぽちっとクリックを お願いします
         ↓

      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top

三重高ベスト4へ 

 

三重高、創立初の4強入り 全国高校野球

5回表三重2死満塁、今井(手前)の3点三塁打に笑顔がはじける三重ベンチ

三重高3


三重9-3沖縄尚学

強打の三重ナインが満員のアルプススタンドを沸かせた。

三重県代表の三重が沖縄尚学(沖縄)を9-3で制し、

同校初の4強入りを果たした。県勢では一九五五年の四日市以

来五十九年ぶりの快挙。先発全員安打の猛打で、

昨年の明治神宮大会優勝校に打ち勝った。

三重高4


決勝進出をかけた準決勝は、二十四日の第一試合(午前十一時開始)で、

日本文理(新潟)と対戦する。

今日はテレビの前にクギづけだな

ブ゙ログ村ランキングへ参加中!みなさまぽちっとクリックを お願いします
         ↓

      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top

またまた勝った三重高 

 

投球まね攻略探る 三重高、22日に沖縄尚学戦

夏の甲子園でベスト8に進出した県代表の三重は二十一日、

準々決勝に向け大阪府豊中市の豊中ローズ球場で練習した。

試合は二十二日、第一試合(午前八時試合開始予定)で沖縄尚学(沖縄)と対戦する。

この日は打撃に重点を置き約二時間汗を流した。

三重高校2


打撃投手を務めた小島紳副部長は「琉球のライアン」

と呼ばれる相手のエース山城大智投手(三年)のフォームをまねた。

足を胸元まで上げる独特のフォームから投げ込まれる球を打撃陣が打ち込んだ。

この努力が実って沖縄尚学に打ち勝ったのだ

ブ゙ログ村ランキングへ参加中!みなさまぽちっとクリックを お願いします
         ↓

      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top

三重高校、ベスト8! 

 

三重高校、46年ぶり8強

チーム全員で目指してきたベスト8についに手が届いた-。

二十日にあった第九十六回全国高校野球選手権大会。

三重高校


三重は熊本県代表の城北を7-5で制し、

四十六年ぶりにベスト8に進出した。

県勢では十八年ぶり。序盤の大量得点で主導権を握り、

逃げ切った。

昔は日本一にも輝いた強豪だったが、是非また日本一になってほしい


ブ゙ログ村ランキングへ参加中!みなさまぽちっとクリックを お願いします
         ↓

      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top