たか爺のお気楽リタイア生活

毎日が日曜日、きょうはなにしよっか・・

鳥羽水族館大掃除 

 

鳥羽市の鳥羽水族館で二十九日、トド、ゴマフアザラシなど

五種九頭の海獣が暮らす大水槽の年内最後の大掃除があった

水槽は広さ百六十二平方メートル、水深四メートル。

この日は一時間以上かけて六百五十トンの水を抜き、

飼育員五人がデッキブラシと高圧洗浄機でコケや

泥を取り除いて、ぴかぴかに磨き上げた。

大掃除


動物たちは掃除の間も水槽内にとどまり、飼育員の

後を追い掛けたり、日なたぼっこをしたりと思い思いに過ごした。

水槽の周りには親子連れらが集まり、珍しい光景に見入った。

これは珍しい

ブ゙ログ村ランキングへ参加中!みなさまぽちっとクリックを お願いします
         ↓

      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top

100年の歴史に幕 

 

松阪市川井町の「理容 常川(つねかわ)」が三十一日、

百年の歴史に幕を下ろす。二代目店主の常川昭吾さん(86)は、

戦争に翻弄(ほんろう)された十代を乗り越え、

平和の大切さをかみしめながら六十五年間、はさみを握り続けてきた。

理容室

 
二十九日午前十一時すぎ、町内に住む常連の男性(82)

が常川さんに髪を切ってもらっていた。「五十年は通った。

次はどこにやっかいになればいいのか、探さないとならん」

と男性。常連客からは、閉店を惜しむ声が上がる。


常川さんは津市の旧制中学四年の時に、志願して三重海軍航空隊に入隊。

一九四四(昭和十九)年春、戦闘機の操縦訓練のため、

フィリピンへ赴いた。シンガポールやインドネシアなどを経て、

敗戦の色が濃くなった四五年六月、台湾を拠点にした特攻部隊に配属された。十七歳だった。

爆弾を積んだ機体が布張りの練習機に乗り込み、

米国の軍艦に突っ込むのが役目。死を覚悟した。毎月、翌月の

特攻隊メンバーが六人ほど発表される。三重海軍航空隊の

同級生もメンバーに選ばれ、散っていった。

だが常川さんは、名前を呼ばれることなく終戦を迎えた。

地元に戻り、理容の勉強をして家業を継いだ。六十五年間、

理容室に立ち続けたが高齢になり、「お客さんに迷惑を掛けないうちに」と引退を決めた。

父の代だった戦時中、理容室の従業員は軍事工場で働くため、

辞めていった。平和だからこそ長い間はさみを持ち続けてこられた、

と思う。「戦争はないほうがええに」。そっとつぶやいた。

本当にご苦労様でした

ブ゙ログ村ランキングへ参加中!みなさまぽちっとクリックを お願いします
         ↓

      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top

パールチャーハン 

 

志摩市の英虞湾一帯で真珠養殖の最後の作業・

クライマックスとなる真珠を取り出す「珠出し・採集」作業

が最盛期を迎えている。一方でその知らせは、真珠を取り

出した後に出る副産物「アコヤ貝の貝柱」(以後貝柱)の

旬がやってきた知らせでもある。

パールチャーハン


志摩産の魚介類をメーンに提供する飲食店「磯料理 ヨット」

(志摩市浜島町、TEL 0599-53-0486)でも12月から、

アコヤ貝の貝柱料理をメニューに追加した。

「今しか食べられない旬を求めてわざわざ当店にまで食べに

来てくれる客がいる」と同店店主の岩崎博光さん。

同店では「パールチャーハン」(1,100円)や「貝柱のバター焼き」(950円)、

「貝柱の刺し身」(800円)などを提供。

一度食べてみたいなぁ

ブ゙ログ村ランキングへ参加中!みなさまぽちっとクリックを お願いします
         ↓

      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top

松阪牛のすき焼きオンリー 

 

 伊勢神宮内宮(ないくう)の門前町として栄え今に

至るおはらい町に店舗を構える老舗飲食店「ゑびや」

すき焼き


伊勢市宇治今在家町、TEL 0596-24-3494)が12月29日~1月4日

の7日間限定で、メニューを「松阪牛のすき焼き」オンリーにする。
ブ゙ログ村ランキングへ参加中!みなさまぽちっとクリックを お願いします
         ↓

      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top

志摩市からJリーガーが 

 

志摩市大王町波切出身で、来期J1に昇格する松本山雅FC(長野県松本市)

への加入が内定した順天堂大学四年生の谷奥健四郎選手(22)

が二十五日、大口秀和市長を表敬訪問し、「スタメン出場を目標に頑張りたい」と抱負を語った。

谷奥選手は、身長一八四センチ、体重七五キロでポジションは

センターバック。波切小学校三年生の時にサッカーを始め、

南勢地区のジュニアユース・チームなどを経て、四日市工業高校卒業後、

順天堂大学へ進んだ。市によると、同市出身の初のJリーガーという。

松本山雅FCは昭和四十年に発足。平成二十三年、

志摩市からJリーガー


Jリーグに加盟した。クラブ名の山雅は、

当時の選手が出入りしていた喫茶店の名に由来しているという。

大口市長は「夢を実現し、おめでとう。志摩市の誇りなので、

頑張っていただきたい」と述べ、花束を贈った。谷奥選手は

「第二、第三のJリーガーが志摩市から出ることを祈っている」と話した。

ブ゙ログ村ランキングへ参加中!みなさまぽちっとクリックを お願いします
         ↓

      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top

伊賀の監督に金さん 

 

 伊賀市の女子サッカーチーム「伊賀FCくノ一」は二十四日、

なでしこリーグ途中の九月に退任した浅野哲也監督の後任に、

愛知朝鮮中高級学校(愛知県豊明市)の金鐘達(キムジョンダル)

サッカー部監督(45)が就任すると発表した。

来年一月十日から二〇一六年十二月末までの二年契約。

くノ一は今季、リーグ十チーム中、総合九位と低迷。

金監督は伊賀市内で記者会見し「来季は三位以内に

入れれば」と抱負を語った。

九の一2


「勝利をもぎとるというイメージでやらないといけない」

と話し、メンタル面の強化に取り組む。

静岡市出身で、北朝鮮国籍の在日三世。

愛知朝鮮中高級学校を卒業後、セミプロのクラブチーム

「在日朝鮮蹴球(しゅうきゅう)団」でゴールキーパーとして活躍。

二〇一〇年から母校で監督を務めている。

くノ一は新監督の選定が急務で、チームスタッフの知り合いを通じて、

監督就任を打診。来年一月下旬から指導に当たる。

伊賀頑張って上位三チーム以内を目指せ!

ブ゙ログ村ランキングへ参加中!みなさまぽちっとクリックを お願いします
         ↓

      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top

学問の神、水槽 

 

志摩市阿児町賢島(かしこじま)の志摩マリンランドは二十二日、

頭を上向きに泳ぐ二種の魚を飼育する「賢島(かしこいじま)神社」

水槽前で例祭神事を執り行った。

同館では所在地の賢島に縁起付け、平成二十三年に知恵

と学問の神「八意思兼神(やごころおもいかねのかみ)」など

三神を祭る水槽を新設。高さ九十センチ、幅八十五センチ、

奥行き六十センチの水槽には、上を仰ぎ見る泳ぎ方から

名前が付いたハゼ科の「アオギハゼ」約五十匹とタツノオトシゴ

の仲間で「オオウミウマ」十匹を飼育。合格祈願や学力

向上を祈る神社として来館者が参拝している。

学問の神水槽


例祭神事は本格的な受験シーズンを前に実施。

里中知之館長(48)ら関係者十二人が参列し、

地元の神明神社の小崎亮宮司(26)が祭典を執り行った。

里中館長は「受験の息抜きに水族館に立ち寄り、水

槽に参拝してほしい」と話していた。

同館では「賢島神社」に納められたさい銭は、希

少動物などの保全活動のため、日本動物園水族館協会の

「野生動物保護基金」に寄付。さらに、参拝記念にアオギハ

ゼとタツノオトシゴをイラスト化したオリジナルお守り(一個税込み四百円)を販売している。

ブ゙ログ村ランキングへ参加中!みなさまぽちっとクリックを お願いします
         ↓

      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top

冬至神宮朝日 

 

一年で最も日照時間が短い冬至の二十二日早朝、

伊勢市の伊勢神宮内宮宇治橋前で冬至祭(市観光協会主催)があり、

大勢の見物客が鳥居の中央付近から昇る朝日を拝んだ。

今年は十九年に一度、旧暦の十一月一日が冬至になる

朔旦(さくたん)冬至にあたり、吉日とされている。

神宮冬至


冬至とその前後数日は、鳥居の中央付近から朝日が

昇るため、毎年大勢の見物客が一目見ようと訪れている。

午前七時四十分ごろ、宇治橋の向こうの山から金色に輝やく

朝日が顔を出すと、見物客から「きれい」「すごい」などの

声が上がり、盛んに写真を撮っていた。

同市藤里町、無職竹田信子さん(75)は「県外に住む娘婿から

朔旦冬至のことを教えてもらい、拝ましてもらいに来ました」と話していた。

宇治橋前の駐車場では、観光協会がかぼちゃぜんざい

約三百食、ユズ約三百個を振る舞い、見物客をもてなした。

ブ゙ログ村ランキングへ参加中!みなさまぽちっとクリックを お願いします
         ↓

      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top

伊賀白鳳10位 

 

京都市で二十一日にあった全国高校駅伝で、

県勢は男子の伊賀白鳳(伊賀市)が表彰台を逃し、

2時間6分01秒の十位だった。

女子は四日市商業(四日市市)が1時間13分29秒で四十位。

十一年連続二十六回目の出場の伊賀白鳳は、

一区の下史典選手が首位でたすきを渡した。

その後は十四位まで順位を下げたが、

五区の外岡拓磨選手が区間賞の走りで追い上げて十位に。

ブ゙ログ村ランキングへ参加中!みなさまぽちっとクリックを お願いします
         ↓

      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
伊賀白鳳10位


武隼一監督(30)は「目標に向かい、最後の最後まで

一秒を削ろうとする伊賀白鳳らしいゴールができた」とねぎらった。

一区では首位。良く頑張ったぞ

category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top

斎宮跡復元工事 

 

斎宮歴史博物館(明和町竹川)は二十日、

同町斎宮の国史跡斎宮跡で建設中の、平安時代の復元建物

三棟の進捗状況を公開する工事見学会を開き、

町民や建築関係者ら約百六十人が参加した。

復元建物は、伊勢神宮に仕えた未婚の皇族女性

「斎王」を守る役所「斎宮寮」を、遺構の上に復元する。

今回は、鉄骨の周りに材木をまく木工事が進む西脇殿に加え、

鉄骨が組み上がってきた正殿も公開。日本古来の木造建築の

雰囲気を持ちながら、柱の中心には鉄骨を入れて補強

していることなど、施工者が工法を説明した。

斎宮跡復元工事


またヒノキの樹皮を用いる日本独自の伝統的な

屋根工法「檜皮葺(ひわだぶ)き」の葺き方を見てもらおうと、

職人が檜皮作りと檜皮葺きを地上で実演した。

職人が樹皮を一・二センチずつずらしながら重ね、

竹製のくぎを、目にも止まらぬ速さで打ち付けて固定していくと、

参加者はのぞき込んだり、職人に質問したりしながら見学していた。

三重大学工学部建築学科三年の岩本佳寿美さん(21)ら

四人の学生は「釘を打つスピードがすごく早かった。

こういう技術を間近で見られて良かった」と興味深そうに見ていた。

実演した屋根葺き職人の田中社寺屋根工事部の

青山亨さん(38)は「多くの人が檜皮葺きに関心を持って

もらえる機会になった」と話していた。

学会は八月から毎月実施しており、今回で五回目。

完成したら一度見に行くぞ

ブ゙ログ村ランキングへ参加中!みなさまぽちっとクリックを お願いします
         ↓

      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top