FC2ブログ

たか爺のお気楽リタイア生活

毎日が日曜日、きょうはなにしよっか・・

奇岩川中不動へ 

 

多くの歴史遺産がいまなお現存する大分県。国東半島には古より神仏習合という独自の文化が開いた

P1080757_SP0000.jpg

長安寺の次に訪問したのは、天念寺。かなり山道を走り

P1080759_SP0000.jpg

山道をかき分け道をそれてたどり着いた。ここは神社とお寺が習合化している。右が神社で左がお寺だ

P1080761_SP0000.jpg

寺の前を流れる長岩屋川の川中の巨岩には、「川中不動」(かわなかふどう)の通称で知られる磨崖仏がある。

P1080762_SP0000.jpg
(天念寺講堂の内部である。全く自由に出入りできる。少し、無用心な気もするが?)

P1080763_SP0000.jpg
(寺と神社をつなぐ通路)


高さ3.23mの不動明王と二童子(制多迦童子、矜羯羅童子)の像で

P1080766_SP0000.jpg

室町時代に造られたと伝えられている。川中不動だ
P1080770_SP0000.jpg

また、堂宇の後背には奇岩、巨岩がそびえており、天念寺岩峰、

P1080772_SP0000.jpg

または、耶馬渓になぞらえて天念寺耶馬と呼ばれる。(右が神社、左がお寺)

P1080775_SP0000.jpg

この寺には、国の重要文化財である阿弥陀如来立像が伝わっている。

P1080774_SP0000.jpg


高さ198cmの檜の一木造の仏像で、平安時代後期の作とされる。

素朴で穏和な表情や簡略化された衣文が特徴で、地元の仏師の手になると考えられている。

P1080778_SP0000.jpg

この仏像は、他の5躯の仏像とともに明治39年(1906年)に旧国宝に指定されていたが、

P1080779_SP0000.jpg

P1080780_SP0000.jpg
(重要文化財である阿弥陀如来立像)

昭和16年(1941年)に大水害で損壊した本堂の再建資金を得るために、

昭和36年(1961年)に埼玉県の寺院に売却された。しかし、

P1080782_SP0000.jpg

平成9年(1997年)に大分県などによって買い戻され、

P1080783_SP0000.jpg
(資料館は入場無料であり、重要文化財がタダで拝観できる)

平成15年(2003年)に約40年ぶりに天念寺近くに開設された

P1080784_SP0000.jpg

天念寺伝統文化伝習施設「鬼会の里」に里帰りを果たしたものである。

思えば、数奇な運命を辿った阿弥陀様なのである

ブ゙ログ村ランキングへ参加中!みなさまぽちっとクリックを お願いします
        
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 九州への旅

tb: 0   cm: 0

△top