たか爺のお気楽リタイア生活

毎日が日曜日、きょうはなにしよっか・・

あのオクマビーチでのんびりと・・沖縄離島の旅9日間(7) 

 

沖縄本島西海岸国道58号線をさらに北上する。平成28年12月18日(日) 沖縄滞在4日目

P1140802.jpg
津波1
津波集落、↑津波小学校をあとにして、塩屋湾↑にかかる塩屋大橋を渡ろうとすると・・


P1140817.jpg
岬に面した半島みたいなのが見えてきた・・・

P1140816.jpg
敷地へ入ろうとしたが、プライベートビーチにつき立ち入り禁止の文字が・・水辺にはヒルギが群生している・・

立ち入り禁止ならしょうがない・・・諦めるか・・ということで道を引き返すと・・

P1140808.jpg
沖縄ではあまり見たことがない、墓地を発見・・・

P1140809.jpg
良く分からないが、邊土名氏一族の墓と書いてあるように思える・・こんな墓地もあるんだ・・・

オクマビーチ1さらに58号線を北上する。本島北端のリゾートである、オクマビーチへの標識があった・・・ちょっと寄ってみるか

この調子では本日中に沖縄本島最北端辺戸岬を経て東海岸にかけて一周する前に

日が暮れないかナァ・・・・・!!!????だが、行ってみるしかない!!!

P1140820.jpg
しばらく海岸部を走っていると、なにやらきれいな建物群が見えてきた・・これがあのJALさんのリゾートホテルか

P1140819.jpg
白い砂浜に透き通った海が見えてきたな・・・・・
P1140830.jpg


P1140831.jpg
オクマビーチの監視員もおり、ビーチサイドにはパラソルもある。無料で利用できそうである・・使わせてもらうか・・

P1140834.jpg
気温も高く26℃くらいあり蒸し暑い。泳いだら気持ちがよかった・・・海水の中の方が温かい気もする・・

P1140835.jpg
ビーチパラソルの下で寝てしまいそうになる。海には若者たちが戯れている・・・・


オクマビーチ2

P1140836.jpg
これは、浮島現象というのであろうか!!!??島が空中に浮いているように見える・・

位置からするとあれは、伊江島だな。そうすると浮いて見える山は伊江島最高峰の

城山(タッチュー)だな・・・なかなか、珍しいものをみせてもらったヨ(^^)

時間はどんどん過ぎていく・・・・・まっいっか・・・少しのんびりとビーチで甲羅干しでもするか・・・!!!!!

・・・・・・・
今年最後のブログになりますがまた来年も拙ブログですがよろしくお願いします

みなさま、よいお年をお迎え下さい。

できたら、下のバナーを押して下さい。励みになります!!!
ブログ村ランキングに参加中!
ポチッとクリックお願いします m(_ _)m
          
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 沖縄への旅

tb: 0   cm: 2

△top

えっ、津波・・小学校!??・・沖縄離島の旅9日間(6) 

 

ホテルを朝出発して、本日は沖縄本島西海岸国道58線を北上し辺戸岬を経由して東海岸を

南下する一周コースをとることにする。平成28年12月18日(日) 沖縄滞在4日目
P1140777.jpg

天気は良いし風も冷たくないし、絶好のドライブ日和である

P1140782.jpg
瀬底島からはこの↑瀬底大橋を通リ、本島ヘ渡る

P1140783.jpg
瀬底大橋は全長762m、1985年に開通した。当時は日本最長の大橋であったそうな・・

P1140784.jpg
橋の開通以前は本部港から一日10往復の定期船が出ていた

P1140786.jpg
瀬底大橋を渡りしばらく走るとなにやら 天然記念物 塩川という石碑が見えてきた・・

P1140787.jpg
常時塩水がわき、流れている川として、沖縄が本土復帰と同時に天然記念物指定された

P1140788.jpg
これは、見ないてはないなぁー・・・この草むらを川へ降りていくのか!??

P1140794.jpg
暫くすると階段があり、降りていく・・・・

P1140789.jpg
世界でも珍しい塩水が湧き出し、流れている川であり

P1140792.jpg
プエルトリコにある川とこの塩川しかないらしい・・・世界でも二例だけしかない・・・!!!

塩川1_SP0000
塩水の川だ

塩川2_SP0000
この辺りから、湧き出しているのが見える・・・・

P1140791.jpg
P1140790.jpg
このあたりはヒルギが密生していて見にくいよ!!!


P1140795.jpg
塩川をあとにして、国道58号線、いわゆる西海岸を北上する。大宜味村に入ったあたりで・・・

こんなキレイな自然なビーチ↑を発見した。松林が無かったら東南アジアのビーチと間違いそうだ・・

津波1


P1140800.jpg
海岸保全区域と言って、人の手を加えてはいけない海岸らしい・・・。白浜海岸という。


P1140797.jpg
なにやら目を凝らすと小学校ポィ建物が見える・・・

P1140801.jpg
看板を見たら。津波小学校と書いてある。ツナミか!!いや、違う「ツハ小学校」と読むらしい

津波小学校
津波小学校

P1140802.jpg
集落名も津波集落と書いてある。なにか、ドッキリとしたよ!!!

一説によれば、昔津波に襲われた集落がこの地域へ移転してきて、

今後の戒めとして、この名前が付いたと言う説もある!!!?(ほんとうか?)

できたら、下のバナーを押して下さい。励みになります!!!
ブログ村ランキングに参加中!
ポチッとクリックお願いします m(_ _)m
          
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 沖縄への旅

tb: 0   cm: 2

△top

アパートメントホテルについて・・沖縄離島の旅9日間(5) 

 

瀬底島の朝。本日も天候が良く、気温も26℃くらいまで上がるそうだ

平成28年12月18日(日) 沖縄滞在4日目

P1140681.jpg


P1140777.jpg
アパートメントホテル&リゾート tillaSeaQ 。ここへ四連泊する・・

P1140776.jpg
シングル一泊3350円である。オーシャンビーューで眺めは抜群である

P1140641.jpg
完全個室で、シャーワー・ウオッシュレットありだ


P1140640.jpg

部屋の外↑はパブリックスペースになっており、お喋り・飲食持込でお喋りもできる

奥にはキッチン↑があり、食器等全て豊富に揃っているので自炊も可能である

1ティラシーク_SP0000
最盛期↑にはこんな感じになるらしい。HPから写真をお借りした

ただ、たかっちが泊っていた時はワンフロアーに10室あるのだが、ほとんど宿泊客は

いなかったぞ。なので、パブリックスペースはたかっちが独占的に使えたよ!!

P1140648.jpg
連泊中は室内清掃・シーツ交換はなし。なので、清掃員が部屋の中へ入ってくること一切がなく

暮すような感覚で泊れる。タオル等はフロントへ持っていけばタダで交換してくれる

シーツ等は頼めば有料で交換してくれるのだ・・・

こりゃーぁ、気楽でいいな・・・・!!!!

できたら、下のバナーを押して下さい。励みになります!!!
ブログ村ランキングに参加中!
ポチッとクリックお願いします m(_ _)m
          
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 沖縄への旅

tb: 0   cm: 2

△top

宮里藍ちゃんの故郷へ・・沖縄離島の旅9日間(4) 

 

14時の高速船に乗り
P1140754.jpg


P1140758.jpg
水納(みんな)島をあとにした

平成28年12月17日(土) 沖縄滞在3日目

P1140683.jpg
本部半島の渡久地港へ戻ってきたが、14時30分前じゃないの・・・まだまだ時間があるヨ・・

P1140764.jpg
ということで沖縄本島を横断し、東海岸、国頭郡東村にある慶佐次湾のヒルギ(マングローブ)林に行くことにした

けさじ

ケサジのヒルギ2_SP0000
マングローブ林をカヤックで漕げるらしい


P1140763.jpg
一時間半ほど、車を走らせたであろうか・・・こんな

巨大なカニのモニュメントがお出迎えだ

P1140762.jpg
ここは沖縄最大のマングローブ林で、国の天然記念物に指定されている

ここ東村といえばなんと言っても、ゴルフの宮里藍、優作、聖志の宮里三兄弟妹

で超有名なところである

宮里アイ_SP0000
宮里藍プロ

宮里ユウサク_SP0000
宮里優作プロ

ケサシのヒルギ1_SP0000
このマングローブ林は沖縄本島を代表するもので、その広さは10haにも及ぶ

P1140766.jpg
遊歩道も整備されており、マングローブ林を気軽に散策できる

結構天気も良くて、心地よい風も吹いている。ここが、沖縄本島の北限でもあるらしい

慶佐次のヒルギ4_SP0000
このようなマングローブ林が続く・・・

慶佐次のヒルギ3_SP0000
さあ、陽も落ちてきた。夕暮れが美しい・・・



瀬底島_SP0000
帰りは約一時間で瀬底島へ着いたが・・・・もう外は暗い・・

近くのスーパーで買い物をしておかないと・・イオン系列のスーパーがホテルの近くにあり助かる

P1140770.jpg
今日の夕食は巻き寿司を買った・・・・・・ホテルの周りは静けさに包まれている

できたら、下のバナーを押して下さい。励みになります!!!
ブログ村ランキングに参加中!
ポチッとクリックお願いします m(_ _)m
          
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 沖縄への旅

tb: 0   cm: 2

△top

水納(みんな)島へ渡る・・沖縄離島の旅9日間(3) 

 

4連泊するホテル ホテル&リゾートTillaSeaQ三階バルコニーからの朝の眺望だ・・
P1140681.jpg
対岸は本部半島である。目の前に流れているのは川ではない・・・海峡というのであろうか

オーシャンビューたらちゅうのか!!

平成28年12月17日(土 沖縄滞在3日目

瀬底島_SP0000
瀬底島。橋は瀬底大橋、本部半島と瀬底島を結んでいる。瀬底島も本部町の一部である・・・


P1140683.jpg
朝10時ころホテルを出発して、車で渡久地港↑へ向う・・・五分くらいで港に着いたぞ・・


P1140691.jpg
水納島へは朝11時と17時に高速船が出ている。日帰りしようとすると朝便に乗るしかない

一日2往復だ

P1140687.jpg
高速船往復で1710円である

P1140690.jpg
ニューウィングみんなⅡという船だ


P1140694.jpg
目の前の本部大橋をくぐって、水納島へ向う・・・

P1140696.jpg
シーズンオフなので、船内は観光客数名と工事関係者が数名だ。ガラガラである・・・

ピークの夏場は一日10往復も高速船が出ている、若者のメッカである。

年よりは静かなときに行くに限る

水納島1_SP0000
水納島。別名クロワッサンアイランド!!そういわれて見れはなるほど・・よく似ている

P1140703.jpg
約15分位で、水納港へ着いた。↑は船着場から撮った海の景色

船着場の両脇がエメラルドグリーンのビーチとなっている。水納ビーチである。徒歩0分。

P1140706.jpg
伊江島の城山(タッチュー)もすぐ近くに見える・・・

P1140707.jpg
水納ビーチから坂道を登って↑、村落を突っ切って、10分も歩けばまたビーチに着く

P1140708.jpg
途中、村落の昔ながら白瓦の家

P1140709.jpg
門柱の上にはお決まりのように、右左にシーサーが鎮座している

P1140710.jpg
おや、このお家のヒンプン(目隠ブロック)の上にはたくさんのシーサーがいるぞーーー

P1140711.jpg
五頭(いや、五匹??)もいるかな!!!?

P1140714.jpg
少し、路地に入ると水納小学校の門柱が↑

P1140713.jpg
水納中学校の門柱が↑・・・・

P1140715.jpg
水納小中学校の全景だ。島民40人。小学生2名中学0名教職員5人の学校である。

学校の規模の割には立派な校舎だな

P1140717.jpg
村落を突っ切って10分位であろうか、見えたのは自然そのままのビーチだ

島の周囲も一キロくらいで、徒歩でまわってもすぐ一周出来てしまう・・・

P1140719.jpg
日がよく照っていて、泳ぐのには適している・・ということで沖縄初泳ぎとなった↑・・・

ただ、このビーチは岩場が多いので、シュノーケリングやダイバー向きか!!?


P1140737.jpg
しばし海で泳いだ後、水納ビーチ(水納港)へと戻る

P1140747.jpg
ここ↑↓は岩場がほとんどなくファミリー向けか!!

P1140752.jpg
P1140754.jpg
往きに乗ってきた高速船に乗って渡久地港へ戻るのだ。14時の便で、それが本日最終便だ・・・


P1140731.jpg
この水納ビーチでも泳いだがここの方が断然泳ぎやすい・・・水が温かくて気持ちよい・・

P1140757.jpg
P1140758.jpg
さあ、14時の便で渡久地港へ戻る・・・冬場は日帰りだと、約三時間弱しか滞在できぬな!!

遠ざかる待合室の建物の内部が荒れていたのが、どうも気になる・・・

シーズンオフだからなのか!!???

できたら、下のバナーを押して下さい。励みになります!!!
ブログ村ランキングに参加中!
ポチッとクリックお願いします m(_ _)m
          
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 沖縄への旅

tb: 0   cm: 2

△top

沖縄・瀬底島で宿泊する・・沖縄離島の旅9日間(2) 

 

沖縄2日目の朝は、沖縄サンプラザホテルさんで迎えた

P1140625.jpg

平成28年12月16日(金) 沖縄滞在2日目

P1140594.jpg
ボリューム一杯(?)のビユッフェ朝食が付いていてラクチンである。朝飯の買出しなくても良いし・・

会場はサンサモアだ

P1140596.jpg
一泊3900円についているブュッフェなのでたいしたものは無いと思っていたが・・

そこそこ有るじゃん(^^)

P1140598.jpg
お漬物、のり、アンダンス(油みそ)などなどある・・・

P1140599.jpg
サラダは葉っぱみたいで、ちょっとしょぼいな・・・

P1140601.jpg
おかゆ、ビーフカレーもあるじゃん・・

P1140604.jpg
ジュース、コーヒー・・

P1140616.jpg

これは↑↓ジューシー(ブーチバ)といって、おかゆさんの硬いものみたいな感じだな

P1140617.jpg

P1140605.jpg
P1140607.jpg
結構種類もボリュームもあり美味いしかった!!

P1140626.jpg
このあとホテルをチエックアウトして、レンタカーを借りた。途中、道端に↑小さな祠。こんなんがあちこちにある・・

P1140621.jpg
福州園↑↓。那覇と中国の福州市との友好を記念して作られたとか
P1140622.jpg


P1140627.jpg
レンタカーで今日からの宿泊地・瀬底島へ向うのであるが、途中、首里城跡へ寄ってみたヨ

(時間もあるし!?)

車は首里城近くの銀行の駐車場に停めさせてもらった。沖縄銀行さんありがとう(^^)


P1140629.jpg
P1140630.jpg
↑の門は歓会門という。門は閉じられていた。裏門かな!!??


P1140631.jpg
道端にこんなものが。湧き水がでており、ここで人々は水を汲んだらしい・・・


P1140632.jpg
首里城本殿に近づいてきた


P1140633.jpg
シーサー君もお出迎えだ


P1140635.jpg
首里城本殿の受付だ


P1140636.jpg
本殿が門越しに見える・・・・



P1140638.jpg
守礼の門。有名だよな。外国からの使節団をここでもてなしたらしい

なんか、やはり韓国人がやたら多いな・・・


P1140639.jpg
正式には史跡首里城跡というらしいな・・・・史跡指定されたときの石柱だ


P1140640.jpg
レンタカーを二時間半ほど運転して、夜七時ころ今日2日目から四泊するホテルへ到着した。

↑はホテルのパブリック的なスペースである


瀬底島_SP0000
瀬底島↑といって、沖縄本島北部、沖縄美ら水族館の近く、

瀬底島1
本部半島にある島で、本島とは瀬底大橋で結ばれている。

穴場的な島である・・・


P1140641.jpg
部屋に入ったら、なんか真っ白っぽい感じで、なにかまぶしいような(^^)

シングル一泊3350円×四泊=13400円(食事なし)


P1140642.jpg
ベッドは広いし


P1140643.jpg
机も広いしテレビも大きいし・・・・(ぶっ)


P1140645.jpg
隣はシャワーブースとトイレットだ。トイレの壁がないが、シングルだしまっいいか・・・・・


P1140647.jpg
トイレはウォッシュレットだな・・・


P1140648.jpg
P1140653.jpg
トイレからベッド方面を見たらこんな感じになるのか!!?



P1140677.jpg
2日目、瀬底島初日の夜は、同じフロアーに宿泊客はいないみたいで静かである・・

窓を開けるとオーシヤンビューらしいが、暗闇が広がり何もみえない・・・・・・・

明日になれば海が見えるであろうヨ・・・

できたら、下のバナーを押して下さい。励みになります!!!
ブログ村ランキングに参加中!
ポチッとクリックお願いします m(_ _)m
          
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 沖縄への旅

tb: 0   cm: 4

△top

一路沖縄へ・・沖縄離島の旅9日間(1) 

 

前から気になっていた、沖縄本島近辺の離島を思い切って訪ねてみることにした

平成28年12月15日~12月23日までの8泊9日の旅である

P1140515_SP0000.jpg
朝七時頃の電車に乗り、関西空港駅に着いたのが九時ころだ。例によってイモトのお出迎えだな

P1140517_SP0000.jpg
まだ出発まで時間が少し有るので、第一ターミナル(JALとかANAが使っている)にあるカードラウンジで休憩するか

P1140519_SP0000.jpg
ゴールドカードと搭乗券を提示すると無料で利用できるのだ(ぶっ)。ソフトドリンクとお菓子はタダだ・・・

P1140521_SP0000.jpg
たかっちはジュースと柿の種みたいなのを頂いた

P1140526_SP0000.jpg
さあ、時間が来たので連絡バスで第二ターミナルへ行き、そこから歩いて飛行機の搭乗口まで向うのだ

まぁ、なんちってもLCCピーチ航空なのでしようがないゾ・・・・

P1140530_SP0000.jpg
出発は10時45分定刻通り出発した。昼はおにぎり二個・・・・

P1140531_SP0000.jpg
二時間少々で沖縄・那覇空港へと無事についた。那覇空港の上で20分位旋回していたので不安であったがなっ・・

那覇空港LCCターミナルはピーチやバニラといった、LCC専用のターミナルである。さすが、↑配管パイプがむき出しだ

P1140537_SP0000.jpg
このままホテルへ直行してもまだチエックインの時間までだーーいぶ時間があるのでまた、

ラウンジで休憩した・・ ラウンジ華。もちろんここも、搭乗券とゴールドカード提示で無料

で利用できるのだ。

P1140539_SP0000.jpg
P1140550_SP0000.jpg
たかっちはアイスコーヒーとつまみをいただいた。あーー喉に染み渡る・・・


P1140553_SP0000.jpg
モノレールでホテルへ向う。那覇空港駅は日本最西端の駅であるらしい!!!?

P1140556_SP0000.jpg
最寄の牧志駅まで15分位だ。300円。さぁ、着いたぞ

P1140557_SP0000.jpg
牧志駅の改札を出ると、マーライオン!??いや、違った巨大なマーシーサーがお出迎えしてくれた(ぶっ)

P1140561_SP0000.jpg
駅から徒歩10分位か。チエックインタイムの15時ころにホテルへ到着できた・・・・・

P1140562_SP0000.jpg
チエックインを済ませホテルの部屋へ向う・・・・

P1140563_SP0000.jpg
906号室だな。

P1140564_SP0000.jpg
おっ、なかなかキレイな部屋じゃないの。この沖縄サンプラザホテルさん、一泊朝食付きで3900円なので

あまり期待はしていなかったのだが、嬉しい誤算だな・・

P1140566_SP0000.jpg
ベッドもわりと幅があるし、タオル・寝具がキチット畳まれている

P1140568_SP0000.jpg
バスルームもキレイだし

P1140569_SP0000.jpg
トイレはウオッシュレットじやん。言うことなしである。

P1140574_SP0000.jpg
ここは9階。げっ、窓の外は予備校ではないの。お互い丸見えだな・・ウーーーーーンまっいいかレースカーテンを

閉めておけば良いだけの話しやな・・・

P1140586_SP0000.jpg
すぐ近くにスーパーマックスバリューがありすこぶる便利な場所にある

P1140590_SP0000.jpg
沖縄一の繁華街、国際通りも徒歩7分位だ。マックで腹ごしらえだだな・・・

P1140589_SP0000.jpg
P1140591_SP0000.jpg
その後ホテルへ戻った。そうか、クリスマスツリーか、そんなシーズンか!?

P1140593_SP0000.jpg
沖縄初日の夜は更けてゆくぅーーー・・・・

できたら、下のバナーを押して下さい。励みになります!!!
ブログ村ランキングに参加中!
ポチッとクリックお願いします m(_ _)m
          
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 沖縄への旅

tb: 0   cm: 4

△top

神戸ムスリム教会(寺院) 

 

神戸三宮の異人館街から少し下ったところに

P1140469_SP0000.jpg
イスラム教の教会があった

P1140470_SP0000.jpg
神戸ムスリムモスク(寺院)である

P1140471_SP0000.jpg
1935年に日本で最初に出来たイスラム教の教会である

P1140472_SP0000.jpg
正面は、女性専用の入り口みたいだ

P1140473_SP0000.jpg
ここが女性専用の入り口である

男性は別のところから入るのである。中を覗こうと想ったが・・やはりなんか、入り難いわ!!??

今日は外から眺めるだけにしようっと・・・

できたら、下のバナーを押して下さい。励みになります!!!
ブログ村ランキングに参加中!
ポチッとクリックお願いします m(_ _)m
          
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 神戸の街

tb: 0   cm: 2

△top

芦屋にあった、谷崎潤一郎記念館 

 

芦屋に谷崎潤一郎記念館が有ったのを思い出し行ってみた。28年11月20日

15日~23日まで、旅に出ていますので、

すぐにはコメントに返信できません。悪しからず!!!


P1140327.jpg
P1140328.jpg
芦屋市の旧防波堤のところにある

P1140329.jpg
関西文化の日ということで、本日は無料である

P1140330.jpg
P1140333.jpg
芦屋に住んでいたということで、芦屋に記念館ができたのである

P1140335.jpg
さっきまで団体さんで押し合いへし合いの混雑であったが、潮が引くようにいっせいに帰ってしまった

これでゆっくりと観賞できるよな

P1140337.jpg
中庭が落ち着いた感じを醸し出している

P1140338.jpg
P1140339.jpg
これは直筆の原稿である。凄い・・・・

P1140321.jpg
谷崎記念館の近くの邸宅が、これまた凄い・・・・↑

P1140324.jpg
猛犬注意。谷崎文学に登場するような邸宅だ

P1140323.jpg
表札が掛っていた

P1140325.jpg
通用口も昔風でレトロな感じが素晴らしい

P1140326.jpg
いかにも芦屋に合う邸宅である・・・

できたら、下のバナーを押して下さい。励みになります!!!
ブログ村ランキングに参加中!
ポチッとクリックお願いします m(_ _)m
          
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 酒蔵探訪

tb: 0   cm: 0

△top

画家・小出楢重のアトリエ 

 

芦屋市の市立美術館。ここに画家・小出楢重のアトリエの再現したものが有るというので訪ねてみた

15日~23日まで、旅に出ていますので、

すぐにはコメントに返信できません。悪しからず!!!


P1140340.jpg
関西文化の日なので本日は入館料金は無料である。28年11月20日>


P1140346.jpg
芦屋市美術博物館である

P1140345.jpg
P1140347.jpg
本日は特別展をやっているのだ


P1140341.jpg
P1140342.jpg
小出のアトリエを再現したもの

P1140343.jpg
P1140344.jpg
有名な裸婦像である


P1140348.jpg
P1140349.jpg
↑の絵も有名な絵である


小出4_SP0000
N家の人たち


小出楢重について

1887年、大阪府大阪市南区長堀橋筋一丁目に生まれる。

渡辺祥益に日本画の手ほどきを受ける。1907年、東京美術学校(現・東京藝術大学)西洋画科を受験したものの不合格、

日本画1921年から1922年に渡欧。1923年二科会員に推挙。

小出3_SP0000


フランスから帰国後の1924年には鍋井克之、国枝金三、黒田重太郎らと大阪に

小出2_SP0000


「信濃橋洋画研究所」を設立し昭和前期の洋画界に新風を送り込み、

若手の先駆者となった。1931年、心臓発作のため43歳で死去。

小出1


晩年に集中して描かれた裸婦像は、

西洋絵画に見られる理想化された

裸婦像とは一線を画した、

日本人による日本独自の裸婦表現を

確立した、画家である

できたら、下のバナーを押して下さい。励みになります!!!
ブログ村ランキングに参加中!
ポチッとクリックお願いします m(_ _)m
          
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 神戸の街

tb: 0   cm: 0

△top