FC2ブログ

たか爺のお気楽リタイア生活

毎日が日曜日、きょうはなにしよっか・・

初期王稜へバイクで・・津堅島.・久高島・伊是名島と沖縄本島9日間の旅(2)  

 

【2日目】

朝、ホテルの窓から外を見渡したら、雨は降っていなかった・・・↓

P1180763.jpg


なので、沖縄の足となる、50CCの原付バイク ↓をモノレール奥武山駅近くの、

P1180823.jpg



レンタルシヨップジャスミンさんへ借りに行った。7日間借りて。7800円だ。


②琉球王国初期王稜へ・・津堅島、久高島、伊是名島と沖縄本島9日間の旅(2)

 2017.11.18日(土)第二日目


P1180767.jpg


お昼近くになっていたので。昼食はすき家さんで、牛丼の小を頼んだ。250円↑↓


P1180768.jpg



P1180769.jpg

べにしょうがをイッパイ載せて・・・お腹がイッパイになってしまった・・・満足↑


P1180770.jpg

バイクで那覇市の隣町の浦添市へ向った。こんな碑文が↑↓

P1180772.jpg

先人たちが利用した、水汲み場らしい!!!↑。18世紀中頃には存在していたらしい。

樋は琉球石灰岩でできており、当時のものである。

浦添市の文化財に指定されている↑


P1180773.jpg

那覇市からバイクで10分位の所にある↑博物館。


P1180774.jpg
浦添城・ようどれ館である↑↓

P1180775.jpg

琉球国中山王稜・・・お墓である・・・・↑。ようどれとは琉球語で夕凪をさす。


P1180776.jpg

浦添ようどれは、琉球王国初期の王陵で13世紀、琉球国英祖王朝初代王英祖が

築いたお城であり、首里城よりずっと古い


外人さんたちがたくさん見学している↑

P1180777.jpg

そして1620年に琉球王国第二尚氏王朝七代王尚寧王が改築をした。

ここに、英祖王と尚寧王一族が眠っている!!!


P1180778.jpg

なだらかな丘を下って↑いくと・・・浦添ようどれ・・・・その先に王稜がある


P1180779.jpg
P1180781.jpg
昭和初期にはこの道の上にアーチ状の門があった!!! ↑


P1180782.jpg

これが王稜である。始めて来た・・・・これは凄い!!!↑


P1180783.jpg
右側が英祖王稜・・・13世紀の初期王朝の王様・・・そして左が17世紀の王、尚寧王稜である。↑


P1180784.jpg
尚寧王↑

P1180785.jpg
英祖王↑


P1180787.jpg
お城の石垣が復元されている


P1180788.jpg
ここは暗しん御門といって↑、昔は暗くてあの世にいくような雰囲気であったとか・・・


P1180790.jpg
浦添城の全景↑


P1180791.jpg
沖縄史学の権威の碑が建っていた↑↓

P1180792.jpg
ここはその方のお墓↑


P1180793.jpg
これは王族・・・浦添王子のお墓↑。16世紀の悲運の王子で、二度廃嫡され

一度も王の座につくことはなかった。お墓もここ浦添であったが、後に首里の玉稜に

安置されている。向氏門中の始祖で、後に一族から大臣クラスの重臣を輩出する。

曾孫には後の王も誕生する。

P1180794.jpg

この墓の記念碑は、王様尚氏一族の方が、建立したとの記述がある↑↓


P1180795.jpg


P1180796.jpg

もう、夕方になったので、ホテルへバイクで戻った↑↓


P1180797.jpg
洗濯機もあり長期滞在も可能だ↑


P1180798.jpg
ホテルの入り口あたり↑


P1180799.jpg
一階階段周り↑


P1180801.jpg
夕食。ポーク玉子おにぎり、一個100円だ↑。


P1180809.jpg
あとは、近所のマックスバリューで半額になったお刺身を100円で買い、晩酌した。

お刺身100円かんチューハイ一個、82円・・・・合計182円で済んだ!!!。ラッキー


ブログ村ランキングに参加中!


ポチッとクリックお願いします m(_ _)m
          
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 沖縄への旅

tb: 0   cm: 0

△top

スカイ、ただで沖縄へ・・津堅島.・久高島・伊是名島と沖縄本島9日間の旅(1)  

 

【1日目】

スカイマーク航空の無料0円で、沖縄往復のチケットがとれたので沖縄離島へ

行ってきた!!!

昔からデルタ航空クレジットカードを持っていて、いまは全然デルタなんか乗っていないが、

昔乗っていた。今は、ショッピングのおかマイルだけをためている。



P1180669.jpg
15000マイルで沖縄・那覇往復のスカイマークのチケットが取れる↑。

①スカイマーク 0円で那覇入り・・津堅島、久高島、伊是名島と沖縄本島9日間の旅(1)

 2017.11.17日(金)第一日目

P1180659.jpg
今回利用する空港は・・・・勿論・・・神戸空港である

P1180660.jpg
スカイマークといったら・・・神戸空港やな・・・↑


P1180661.jpg
カウンターで手続きをした↑


P1180662.jpg
朝 10時35分発の便で那覇へ向け出発する。さぁ、手荷物検査をうけるか!!↑

P1180663.jpg
手荷物検査場を通過し、まだ時間がタップリあるので・・・勿論カードラウンジへ。ラウンジ神戸だ!!


P1180664.jpg
クレカと航空券を提示して、ラウンジの中へ・・入るか!!!↑。もちろん無料で利用できる。


P1180668.jpg
中は、朝早いからか・・・ガラガラである


P1180665.jpg
まずはアイスコーヒーをいただいた


P1180670.jpg
つぎは、オレンジジュースをいただいた


P1180671.jpg
このラウンジでは、飲み物だけが無料で利用できる。なんか、つまみ類はなかったゾ!!!???


P1180672.jpg
スカイマーク機内へボーディンクブリッジを利用して入る↑。これは嬉しい!!!LCCのピーチなんかは

地上を歩いて行って、機内へ入るものね!!!


P1180674.jpg
朝 10時35分発だ!!!那覇へ向けて飛び立つ

P1180676.jpg
アナウンスがあり機内へと・・・・向う!!


P1180679.jpg
LCC格安航空と違って、スカイマークは断然前の席との距離がある!!!広ーーーーーーーーい!!!


P1180683.jpg
シートは11Fで、通路側だ。ここは、トイレへ行き易いので

それなりに良い


P1180684.jpg
すいていて、右隣は空席で、ラクチンラクチン!!!


P1180680.jpg
機内サービスがある!!!キットカット↑と


P1180682.jpg
コーヒーが配られた。快適、快適やなぁ・・・!!!

P1180686.jpg
P1180687.jpg
トイレも広いし快適だ↑↓

P1180688.jpg
P1180689.jpg
P1180690.jpg


P1180693.jpg
約二時間のフライトで那覇空港へ到着した↓。 ウーーン、気温が25℃か↑・・・やはり温かい・・ホットする。


P1180695.jpg


P1180697.jpg

早速、カードラウンジ那覇↑へ向う・・・ここもクレカと航空券提示で入れる↓


P1180698.jpg


P1180700.jpg
ソフトドリンクとつまみみたいなのが無料だ!!


P1180701.jpg
ジュースで喉を潤した↑。かきの種も(^^)


P1180705.jpg
モノレール那覇空港駅からゆいレールに乗る↑


P1180737.jpg
料金は300円。意外と高いなっ!!!


P1180708.jpg
数駅ほど乗り、着いたのが・・・見栄橋駅だ↑

P1180710.jpg
駅から徒歩5分位で・・・本日から宿泊するホテルへ到着した↑

ビジネスホテルサンキョーさんだ。傘を差して並んでいる行列は

ホテルの二軒となりのラーメン屋さんに並ぶ韓国人とチャイニーズだ!!

P1180712.jpg
一泊2500円素泊まりで、本日から八泊連泊する。八泊分合計で二万円払った!!

最近は、安くて快適なので・・・常宿化している


P1180713.jpg

エレベーターで、着いたのが402号室だ↑↓

P1180714.jpg


P1180715.jpg
ベッドも幅広


P1180716.jpg

部屋もコンパクトにまとまっている↑↓。これで、一泊2500円なので、安くて助かる


P1180718.jpg


P1180720.jpg
トイレはウオッシュレットでないが、しょうがないか


P1180721.jpg

水周りはまぁ・・・問題はないみたいだ↑↓

P1180722.jpg

一泊2500円と激安だか・・・その代わりにアメニティ類が一切ない↑

それと、部屋の清掃が・・三日に一度だ。・・・・・・・・・・・・・・・・!!!?

考えたら、その間部屋への立ち入りが一切ないので、

逆に気楽に過ごせる!!!

P1180723.jpg
ハンガーもあるし、ハンガー掛けもある↑


P1180749.jpg
フロント↑


P1180750.jpg


夜、暗くなってきたので国際通りのマクドへ行く↑↓

P1180754.jpg


P1180751.jpg

夜ゴハンはハンバーガーにした。一個100円×2=200円だ。


P1180752.jpg



P1180761.jpg

その後ホテルへ戻ったが、あまり天気がよろしくないな↑。雨が降っている!!!

明日の天気が心配だな!!??

P1180762.jpg
ホテルの前の通りは沖映通り。ホテルから国際通りまで徒歩3分位だ!!!

利便性は抜群である↑那覇・初日の夜はふけていく!!! ↑


P1180755.jpg

お酒とつまみ↑でも・・・・・


P1180756.jpg
明日もあるので、寝るとするか!!!    しかし暑い・・・のでパンツいっちょで寝てしまった



明日は天気もあまり良くないみたいなので、離島行きはやめるか???どうしたものか!!!!???


ブログ村ランキングに参加中!


ポチッとクリックお願いします m(_ _)m
          
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 沖縄への旅

tb: 0   cm: 0

△top

松阪牛一頭が2500万円 

 

特産松阪牛の「クイーン」を決める品評会、松阪肉牛共進会が

二十六日、松阪市伊勢寺町の松阪農業公園ベルファームであった。

優秀賞一席に大紀町野原の岡田一彦さん(72)の

「ゆうこ」が輝き、最高額二千五百万円で競り落とされた。


松阪


特産松阪牛は兵庫県の雌の子牛を松阪市の近隣で

九百日以上育てることが条件。共進会には、松阪市や多気町、

大紀町などの農家が五十頭を出品。県畜産研究所の研究員ら

が肉付きや脂肪の割合などを審査した。

ゆうこは体高一三〇センチ、体重六五六キロ。バランスの良い肉

付きが高く評価された。岡田さんは約四十五年農家を続けるベテランで

一席は二〇〇四年以来二回目。「子どものように大事に育てた。

めったにないことでうれしい」と喜んだ。


松阪牛



 審査後の競り市では高級和牛料理店など二十七業者が

観客を前に五十頭を順に落札。平均落札額は

三百二十六万二千円で昨年より三万円ほど低かった。

二十六年連続で一席を落札した津市北丸之内の精肉店

「朝日屋」の香田佳永社長(57)は「農家が丹精込めた肉を買いたいと

思って落札した。喜びでいっぱいです」とほほ笑んだ。

肉は十二月二十二日ごろに店の通常価格で販売するという。


さすが、日本一の松阪牛やなーーー!!!

ブログ村ランキングに参加中!


ポチッとクリックお願いします m(_ _)m
          
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top

相可高校生が、桑名のガス展で弁当を販売 

 

三重県桑名市新西方のイオンモール桑名であった

「第57回東邦ガスのガス展」の会場で25日、

相可高校食物調理科(多気郡多気町)の生徒が、

手作りの特製弁当を販売した。

午前10時半の販売開始前に、30人以上が列を作った。

煮物や肉じゃが、だし巻き、から揚げ、ごはんなどが入った

彩り豊かな弁当で、2年の吉田凜さん(16)と1年の

平賀夢乃さん(16)の2人が接客し、弁当を売った。用意した百食は20分で完売した。

員弁郡東員町城山から訪れた女性(71)は

「(同校の調理クラブが運営する飲食店「まごの店」には)

遠くてなかなか行けないので、今日は楽しみに来ました」と、

2人分の弁当を買い求めていた。


弁当


会場では、最新ガス機器の展示などもしている。

東邦ガスのガス展は、アピタ四日市店と同鈴鹿店の県内3会場で

、26日まで開催している。

この高校のまごの店は全国的にも

有名やものね!!!

ブログ村ランキングに参加中!


ポチッとクリックお願いします m(_ _)m
          
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top

亀山の棚田、LED2000本 

 

三重県亀山市安坂山町の坂本棚田保存会は25日夜、同町内の坂本農村

公園周辺と棚田で「棚田あかりin坂本2017」を開いた。

池山かんこ踊り保存会と鈴鹿市のみどりの大地が協力した。

棚田あかりは、農林水産省が取り組む「中山間地域農村活性化事業」の一環。

坂本地区住民と市内外の人たちとの交流を目的に今年で4年目。


亀山の棚田


平成11年に日本の棚田百選に認定された「坂本棚田」は、

野登山のふもとに広がる約23ヘクタールに440枚の田が連なっている。


坂本棚田って始めて聞くが、いったい

どの辺にあるのかな!!???


ブログ村ランキングに参加中!


ポチッとクリックお願いします m(_ _)m
          
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top

いよいよ伊勢志摩ナンバーの導入へ 

 


三重県は24日、「伊勢志摩」「四日市」の車のご当地ナンバー導入を、

国に申請する考えを明らかにした。国土交通省が今後、条件を満たし

ているか審査するが、2020年度に両ナンバーが導入される可能性が高まった。


伊勢志摩ナンバー



 伊勢志摩ナンバーは伊勢、鳥羽、志摩の三市と、明和、玉城、度会、南伊勢の四町で、

四日市ナンバーは、四日市市が単独で導入を計画している。

〇六年、一四年に続く、国による三度目のご当地ナンバー募集に両地域が手を挙げた。

今回の募集はナンバーに地域にちなんだ図柄を付けることができ、

両ナンバーともデザイン検討も進める。


伊勢志摩ナンバーの導入が待ち遠しい!!!

ブログ村ランキングに参加中!


ポチッとクリックお願いします m(_ _)m
          
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top

三重県玉城町の台風被害 

 

三重県内各地に被害をもたらした10月の台風21号は、

これまで目立った水害を経験してこなかった玉城町でも

猛威を振るい、

多数の浸水被害が出た。町の概要調査で判明した

床上浸水の家屋数は


玉城町


「伊勢湾台風の時以上」(●村修一町長)とされる282戸

に上り、最も多かった

伊勢市に次ぐ。今も自宅で暮らせる状況にない

家庭もあり、20

日現在、3世帯6人が避難所で過ごしている。

どれだけの人が、三重県玉城町の被害を知っている

のか!!!訴えたい!!


ポチッとクリックお願いします m(_ _)m
          
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top

真珠の入札始まる、伊勢志摩 

 

伊勢市岩渕の真珠会館で21日、日本真珠仲買協同組合

と伊勢真珠協同組合の合同入札会があり、

県内外の真珠卸業者や小売り業者、メーカーなど

約150社が参加した。

国産アコヤ真珠や黒みを帯びた黒蝶真珠など1200点

以上が出品され、出品総額は約3億3千万円。

参加業者らは、真珠の大きさや形、色合いなどを見定め、

買い取り希望価格を札に書き、入札に参加していた。


真珠


伊勢真珠協同組合の亀山和人理事長(42)は「伊勢志摩は

真珠の産地。地元で入札会を開くことで業界全体を盛り

上げていきたい」と話していた。

すごい量だな。圧倒されそう!!!!


ポチッとクリックお願いします m(_ _)m
          
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 志摩

tb: 0   cm: 0

△top

名木ハナの木が真っ赤 

 

松阪市飯南町粥見の飯南高校で、名木ハナノキの紅葉が見頃を迎えた。

真っ赤な葉が広場を彩り、市民憩いの場となっている。


素晴らしい!!一目見たいものだ!!!!


ハナノキ



 樹高は約二十五メートル。カエデ科の落葉高木で、環

境省の絶滅危惧種に指定されている。娘、妹と芝生で昼食をしていた

久留美静子さん(72)=川井町=は「天気が良くて眺めがきれい。

落ち葉が真っ赤なじゅうたんみたいですてき」と眺めを楽しんだ。

ブログ村ランキングに参加中!


ポチッとクリックお願いします m(_ _)m
          
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top

テニスで日韓友好 

 

三重県テニス協会は20日、桑名市長島町西川の木曽三川公園

カルチャービレッジ・輪中ドームで「日韓親善テニス交流会」を開き

、日韓のテニス愛好家が一緒にプレーを楽しんだ。

テニス



参加したのは、同協会から26人と、韓国側からは、韓国のテニス愛好家でつくる

「大韓民国進動テニス会」の役員と選手15人。日本人と韓国人とでペアを組み、

ダブルスの熱戦を繰り広げた。試合が終わると、互いに笑顔で握手を交わした。

交流会は、テニスを通して日韓のテニス愛好家同士の親睦を図ろうと

、2000年から始まった。日本、韓国と、1年ごとに交互にお互いの

国で年1回、催している。

来日した姜貞娥(カンジョンア)さん(53)は「みんな家族のよう。毎年、

会えるのを楽しみにしている」とほほ笑む。

政治の場でも、こうあって欲しいものである!!!



ブログ村ランキングに参加中!


ポチッとクリックお願いします m(_ _)m
          
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top