FC2ブログ

たか爺のお気楽リタイア生活

毎日が日曜日、きょうはなにしよっか・・

探検家松浦武四郎の生家、25日より公開 

 

北海道の名付け親で松阪出身の探検家、松浦武四郎(一八一八~八八)年

が幼少期を過ごした松阪市小野江町の「誕生地」(市指定史跡)の

修復工事が完了し、二日、報道機関に公開された。武四郎や家族が

使ったとされるかまどや風呂おけが新たに復元され、

当時の暮らしを伝えている。二十五日から一般公開される。


公開されるのは、いずれも木造平屋の主屋(おもや)

と離れの二棟(計百七十平方メートル)。主屋は築二百年の

切り妻造りで妻入り。梁(はり)があらわになっている畳部屋な

どが八部屋ある。復元した台所は炊事用の釜や風呂に

用いた木おけがある。


 畳部屋には武四郎が北海道に旅する前に手を

合わせたとされる仏壇がある。隣接する離れの庭

には武四郎が建てた石の灯籠が残る。


松浦3



誕生地は武四郎が主に幼少期から十七歳の間に暮らした。

伊勢街道沿いにあり、多くの旅人から刺激を受けて武四郎が全国の旅を志した原点の地とされる。


 誕生地は市が二〇〇六年に親族から購入。


松浦2


一六年夏から約二億円をかけて修復した。生誕

二百年記念事業の一環として、二十五日に近くの

武四郎記念館で開かれる「武四郎まつり」に合わせて

公開される。二月中は無料で見学できる。

松浦1



三月以降は十九歳以上百円。月曜休館。

(問)同記念館=0598(56)6847


たかっちも、こんど伊勢に帰った時は必ず

寄りたいものである

ブログ村ランキングに参加中!


ポチッとクリックお願いします m(_ _)m
          
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 松阪

tb: 0   cm: 0

△top