たか爺のお気楽リタイア生活

毎日が日曜日、きょうはなにしよっか・・

京都のイタリア料理店にて!!! 

 

先週20日に、伊勢高校の関西地区の同窓会が京都市東山区であった

今回集まったのはみんな同級生ばかりである。


DSC00009.jpg


12時から開催されるので、早めに家を出た。祇園↑↓先斗町


DSC00011.jpg



DSC00012.jpg


高札↑


DSC00013.jpg


鴨川を横目に見て・・・・桟敷も準備中


DSC00014.jpg



花見小路↑↓、相変わらず中国人がおおい。欧米人も目につく


DSC00015.jpg


しかしクソ熱い


DSC00016.jpg


建仁寺の横を通り抜ける↑

DSC00017.jpg


河原町の駅から20分ほど歩いたであろうか???やっと会場にたどり着いた↑


DSC00018.jpg


この古い門の奥に会場はある↑


DSC00019.jpg


入り口を進む・・・・・・↑


DSC00020.jpg


やっと玄関に着いた。画家の竹内栖鳳さんの自宅を改装している。The Sodoイタリアン料理店である


DSC00022.jpg



集まったのは16名。平日の昼間にも関わらず、よく集まった


DSC00021.jpg


幹事長のあいさつのあと・・・乾杯


DSC00023.jpg


DSC00025.jpg


鯛と菜の花のマリネ↑


DSC00026.jpg


仕事の最中に・・・中抜けして・・・・参加した奴がいる


DSC00028.jpg


豚肉肩ロースのグリル↑↓


DSC00032.jpg



DSC00033.jpg



DSC00034.jpg


DSC00035.jpg
DSC00036.jpg


ティラミス↑


DSC00037.jpg
DSC00038.jpg


関西だけの高校同級生の集まりであったが、遠く東京やら伊勢市からの参加もあった↑↓

DSC00042.jpg


今回は私は幹事でなく、招待を受けた側だったので・・・超気楽であった(ぶっ)


毎年四月に神戸で、冬12月には京都で開催していて、同級生20人くらいは

いつも集まっている。

今回は金曜日の12時開催だったので、まだまだ現役ではたらいていて

これなかった人が大勢いたのにはビックリした次第である


DSC00044.jpg
DSC00045.jpg


去年の12月以来、約五ヶ月ぶりの再会で、楽しいいちにちであったヨ


建仁時の昇り流↑

ブログ村ランキングに参加中!


ポチッとクリックお願いします m(_ _)m
          
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top

半泥子の自由な生活を紹介 

 

百五銀行の頭取も務めた津市出身の陶芸家川喜田半泥子

(一八七八~一九六三年)の生誕百四十年を記念した企画展が、津

半



市垂水の石水博物館で開かれている。川喜田家に伝わる茶道具や、

自由な発想で作られた自作の茶わんを通して、

半泥子の作陶の原点が茶の湯にあることを紹介している。七月八日まで。

半泥子・・・銀行家でかつ超有名芸術家!!!



ブログ村ランキングに参加中!


ポチッとクリックお願いします m(_ _)m
          
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top

伊勢市の石灯籠は撤去する 

 

三重県伊勢市の県道沿いに並ぶ石灯籠に路線バスが接触し、

落下した灯籠上部の「笠(かさ)」と呼ばれる部分の直撃を

受けた男性が死亡した事故で、県は21日、バス停近くにある

17基の笠の撤去を開始した。笠を撤去した後、支柱も撤去する。

県は同日の取材に、7月の高校総体までに調査で危険と判断した

石灯籠は、支柱も含めて全撤去する方針を示した。

県伊勢建設事務所がこの日、同市中村町にある高さ2・4―4・

5メートルの6基の笠を撤去。残りの11基は27日までに終える。


石灯籠



県は今回の17基の撤去を終えた後、残る325基の安全性を点検し、

危険と判断した物は高校総体までに全撤去する。


石灯篭1


市内には国道23号沿いに99基、市道や伊勢神宮内宮近くの市

営駐車場周辺に計77基の石灯籠がある。国は国道沿いの

バス停近くにある5基を全撤去し、市は灯籠の一部が車道には

み出した市道沿いの3基の笠を撤去する方針。

近く、国、県、市の三者で事故後初の会議を開き、今後の対応を協議する。


伊勢の風物詩だったけど、死者まで出たから撤去は

やむおえないね!!


ブログ村ランキングに参加中!


ポチッとクリックお願いします m(_ _)m
          
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top

大谷、四度目のマルチ安打 

 

エンゼルス1-8ジャイアンツ(20日、アナハイム)エンゼルス

の大谷翔平投手(23)が「6番・DH」で先発出場。



大谷1



4打数2安打で4度目のマルチ安打。チームは4連敗を喫した。


良かったよかった、打率も下がらなかったし!!!


ブログ村ランキングに参加中!


ポチッとクリックお願いします m(_ _)m
          
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 神戸の街

tb: 0   cm: 0

△top

ペンギンが孵化した、鳥羽水族館 

 

鳥羽水族館(鳥羽市鳥羽3)で、フンボルトペンギンのひな1羽が生まれた。

成育は順調で、5月上旬には公開される予定。


ふ化は16日午後1時ごろ、飼育担当者が確認した。

ひなは体長13センチ、体重90グラムで、性別は不明。

ふわふわの毛に覆われ、健康状態は良好という。


ペンギン1




親は、いずれも同館生まれの雄「大豆」と雌「キムチ」。

ひなは展示スペース奥の岩穴の巣におり、観察できるのは20日ほど後になりそうだ。

フンボルトペンギンは、チリなど南米南部の沿岸に生息。

同館では昨年5月にも2羽が生まれており、今回の1羽を加え、飼育数は57羽となった。


かわいらしいですね。一度見てみたい!!!


ブログ村ランキングに参加中!


ポチッとクリックお願いします m(_ _)m
          
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top

眞子様 

 



秋篠宮文仁親王殿下と同親王妃紀子様の第一子として、

1991年10月23日にご誕生。写真はお幸せそうな両殿下に

抱かれて宮内庁病院をご退院される眞子さま


眞子1


ブログ村ランキングに参加中!


ポチッとクリックお願いします m(_ _)m
          
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 皇室

tb: 0   cm: 0

△top

忍者の聖地にコスプレ集結・・伊賀 

 

伊賀市中心部で十五日、忍者や侍といった和風のキャラクターの

姿で町を散策し写真撮影を楽しむ「伊賀の国コスプレ春の陣」が

催された。市や地元観光協会などの実行委が主催する「伊賀上野NINJAフェスタ」の一環で四回目。


 午前中に降った雨の影響で辞退する人もいたが、

市内外の合わせて約三十五人が参加。上野公園の俳聖殿前で

出陣式があり、人気漫画「NARUTO-ナルト-」やアニメ「忍たま乱太郎」

などの登場人物になりきった愛好家らでにぎわった。



忍者1



 忍者服姿で参列した岡本栄市長は「ここは忍者の聖地。

伊賀のことをぜひ発信してほしい」とあいさつ。参加者全員で「えい、

えい、おー」とかちどきを上げ城下町に繰り出した。


近くだったら絶対見に行っていたのに!!!


 ブログ村ランキングに参加中!


ポチッとクリックお願いします m(_ _)m
          
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

△top

牡丹で有名な朝田寺(松阪市) 

 


少し前のことだが、伊勢高校時代の同級生が住職をしているという

松阪市の朝田寺を訪問した↓



P1190709.jpg



P1190710.jpg


1300年の歴史をもつ天台宗のお寺である


P1190711.jpg



正門


P1190712.jpg


朝田の地蔵さんとして有名だ↑


P1190713.jpg
P1190714.jpg



本堂


P1190715.jpg


ご本尊。↑平安時代作で国の重要文化財であり、、通常は美術館に

保管されている。

P1190716.jpg




P1190717.jpg



たまたま私が行った日は、住職さんは近所へ出掛けていて留守であった

(後で聞いた話しでは、坊主ばかりではつまらないので

遊びに行ってたらしい!!)


P1190718.jpg


また牡丹でも有名で、この20日ころからゴールデンウィークころが満開

との事である


P1190719.jpg
P1190720.jpg



大楠


P1190721.jpg



ゴールデンウィークころにもう一度来て、満開の牡丹でも鑑賞するか!!


P1190722.jpg


その頃には、重要文化財の蕭白の屏風図絵やらまた、重要文化財の


ご本尊様も、美術館から里帰りをして、皆様に

ご開帳されるらしい。楽しみである!!



ブログ村ランキングに参加中!


ポチッとクリックお願いします m(_ _)m
          
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top

昭和レトロな澤の鶴酒造さん 

 


自宅からすぐそこの、澤の鶴酒造さん・資料館。

ちかいので、近所をよく散歩する


P1190539.jpg


入り口↑


P1190540.jpg


入場料金は無料である



P1190541.jpg


23年前の阪神淡路大震災で、創建当時の蔵は全壊した。その後当時の面影を残しつつ


再建された。


P1190542.jpg
P1190543.jpg


おおきな酒造用のタルが残っている


P1190544.jpg


江戸時代の樽回船船。松前船とも呼ばれていた・・・。↑


P1190545.jpg



ムロ麹室。ここでお酒を発酵培養する↑

P1190546.jpg



昭和レトロな美人がポスター↑


今日は、お客はだれもいなかったのでゆっくりと廻れたゾ







ブログ村ランキングに参加中!


ポチッとクリックお願いします m(_ _)m
          
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 酒蔵探訪

tb: 0   cm: 0

△top

伊勢市で石灯篭落下、男性死亡 

 

伊勢市で十四日に発生した石灯籠の落下による死亡事故は、

以前から安全性が心配されていた古い石灯籠が原因になった。


石灯篭1



二〇一五年度から徐々に撤去を進めていた県は「県道の管理者として

申し訳なく思う。撤去のスピードを早めることも考えなければならない」

と話している。


石灯篭は沿線の景色に溶け込んでいたが


死亡者が出た以上、撤去のスピードを

あげなければならない。



ブログ村ランキングに参加中!


ポチッとクリックお願いします m(_ _)m
          
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 2

△top