FC2ブログ

たか爺のお気楽リタイア生活

毎日が日曜日、きょうはなにしよっか・・

同級生は現役小児科医で水墨画家!! 

 

三重県志摩市大王町の大王美術ギャラリーで、三重県立志摩病院の小児科科長、

松林信幸さん(70)の水墨画展「エチオピアに生きる」が開かれている。

観覧無料、3月18日まで。火、水曜日は休館。

松阪市出身の松林さんは京都大学理学部を卒業後、

郷里で中学校の理科の教師をしていました。

旅行中に患った病気をきっかけに

医学の道を志し、三重大学医学部に入学。卒業後は病院勤務を経て、

国際協力機構(JICA)の専門家としてザンビア共和国に3年半、

タンザニア連合共和国に4年半滞在し、国際保健医療活動を行った。

その後、志摩病院で7年にわたり小児科医師として勤務後、平成22年から

JICAの活動に参加。約2年間、エチオピアのアムハラ州で感染症に関する

情報収集のシステム構築などに取り組んだ。帰国後は再び志摩病院に

戻って子どもらの診療を実施。今年4月から南伊勢町の町立南伊勢病院に赴任する。

水墨画はエチオピアでの活動時、現地の人々の飾り気がなく人間としての

魅力あふれる姿に強い触発を受け、持参した墨と筆で描き始めた。


1550960622_photo.jpg


人々の内面に宿るものや生活感などを伝えようと現在も墨だけで

描き続け、これまで200点以上を制作した。

同展には水を運ぶ少女や診療を待つ母子、はにかんだ笑顔の子どもたち、

市場で野菜や魚を売る人など、生活の一コマや人々の表情を切り取った

65点を展示。エチオピア正教の岩窟教会をイメージし、4

カ月掛けて仕上げた大作も目を引く。


6A0A0716.jpg


松林さんは「我々の周りはバーチャルリアリティーにあふれ、

本当の現実感が希薄になってきている。展示した絵にわずかでもリアルな

リアリティーを感じてもらえれば」と話した。

松林君はたかっちの伊勢高校三年の同級生で、まじめでよく勉強していた。

理科の先生をしていると思っていたら、なななんとアフリカで現地の住民の治療にあたり

そのかたわら水墨画を書きつづけ、今は現役の県立病院の小児科部長とは。

すごい同級生でビックリするやら、またますます今後の活躍も祈念します。



にほんブログ村シニアブログランキングに参加しています
よろしかったらぜひ、ポチッとクリックお願いします
はげみになります m(_ _)m

          
      


category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 5

△top

新潟への旅(2) 

 

新潟へ来て2日目の朝です


新潟市駅前から出ている、市内循環バスに乗りました

DSC03185.jpg
DSC03187.jpg


一日乗り放題で500円です

DSC03190.jpg


まず、新潟市美術館に行きました


常設展示です。入場料は200円で見ごたえはあります


DSC03194.jpg
DSC03195.jpg
DSC03196.jpg
DSC03199.jpg
DSC03200.jpg
DSC03201.jpg
DSC03202.jpg

DSC03203.jpg
DSC03204.jpg
DSC03205.jpg
DSC03206.jpg
DSC03208.jpg


地元出身の画家が多いみたいですね


外の雪はやんで、雨に変わっています


DSC03209.jpg
DSC03210.jpg



美術館を後にして、お魚等のお店が並んでいるエリアに行きました


ここでは試食したりして、冷やかしながら歩きました

DSC03214.jpg





その後バスで新潟日報ビルへ。最上階スカイラウンジ24階も無料で入れます


DSC03218.jpg
DSC03220.jpg


市内中心部を流れる信濃川と重要文化財の万代橋です


DSC03221.jpg


DSC03223.jpg

あとはお腹も空いたので夕食にしました

やっぱ、牛丼にしちゃいました


DSC03224.jpg
DSC03226.jpg


本日は結構歩きましたね。


DSC03227.jpg
DSC03234.jpg


また明日に備えて早く寝ました




にほんブログ村シニアブログランキングに参加しています
よろしかったらぜひ、ポチッとクリックお願いします
はげみになります m(_ _)m

          
      

category: 新潟県への旅

tb: 0   cm: 9

△top