FC2ブログ

たか爺のお気楽リタイア生活

毎日が日曜日、きょうはなにしよっか・・

女人禁制の地、神威岬へ・・道南の旅五日間(9) 

 

積丹岬をあとにして国道229号線・積丹半島を西進する。10分程で神威岬駐車場に着いた

2日目 6月17日(金)

カムイ2

車を駐車場にとめて、神威岬をめざして歩く

岬の付け根にある駐車場から先端部までは尾根沿いに整備された「チャレンカの道」と

名付けられた遊歩道が整備されている。しかし徒歩30分ほどかかるぞ。

歩道は舗装されていて歩きやすいが、ここから先はトイレも水のみ場もない

カムイ3
神威岬の大きな看板が見える

P1110992_SP0000.jpg

このような道を10分も歩いていくと

P1110996_SP0000.jpg

高札↑とともに、その場にはこんな↓門があった。女人禁制の門だ

P1110995_SP0000.jpg
女人禁制の地。神威岬。ここから先は女人禁制地として松前藩の時代には恐れられていた

P1110993_SP0000.jpg
この門から、岬の先端まで歩いて20分はかかったであろうか

P1110998_SP0000.jpg
尾根道を進む

P1110999_SP0000.jpg

カムイ4
岬の先端に近ずくにつれて、このようなすれ違いもむずかしいような散歩道が続く

カムイ6

遊歩道の高台からは左手の行く手方向に起伏に富みダイナミックな景観を造る神威岬の景観が、

右手には「水無しの立岩」が望める。先端部は岩山がそのまま海へ落ち込んでいく断崖絶壁になっており、

沖には神威岩という岩礁がある。遊歩道最先端付近からは周囲300度が見渡せ、

水平線が丸みを帯びて見える。この青さをシャコタンブルーということがある

ブログ村ランキングに参加中!
ポチッとクリックお願いします m(_ _)m
          
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 北海道への旅

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://takcchi.blog.fc2.com/tb.php/1040-1bcbf58b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top