FC2ブログ

たか爺のお気楽リタイア生活

毎日が日曜日、きょうはなにしよっか・・

一億円の束・・道南の旅五日間(23) 

 

一億円の束が見れるというので行ってみた(!!!??????)

4日目 6月19日(日) 。

P1120165_SP0000.jpg小樽のメインストリート、日銀通りにある旧日本銀行小樽支店だ。日銀は、いわずと知れた、日本の金融界の中心的存在である。

ここは、金融資料館として水曜日を除いて一般に無料で開放されている

あの有名な辰野金吾氏が設計し、1912年に完成した。

P1120159_SP0000.jpg
外観はルネサンス様式を取り入れている

P1120160_SP0000.jpg
1階の営業場。二階の手すりもそのまま残っている


P1120162_SP0000.jpg
こんな看板があったぞ。一億円が持ち上げれるそうでる。たかっちも、挑戦した。


P1120163_SP0000.jpgプラスティックのケースに入っており、脇から手を入れて持ち上げることができる。

一万円札の束100枚を帯封で巻き、それを10個単位で、たて、横それぞれ大封紙で巻き、100万円の束10個で一千万円

の大束にしている。それが、10個入って(まぁ、中身はただの紙きれだがな)一億円になる。

ずっしりと重い。偽物とわかっていても驚いてしまう


P1120155_SP0000.jpg旧日本銀行の建物の前に、こんな立派な建物があった


P1120151_SP0000.jpg
1912年建築の旧北海道銀行の本店だ。

P1120152_SP0000.jpg
P1120153_SP0000.jpg中は、小樽パインといって、お菓子やみやげ物の販売店になっている




P1120158_SP0000.jpgもう少しお付き合いいただきたい。小樽パインのすぐ横には、旧三井物産小樽支店の建物がある。

P1120157_SP0000.jpg
昭和12年(1937年)建築の北海道では代表的な事務所建築である。


まだまだ紹介したいが、話が尽きないのでこの辺で歴史的建造物の話は終わりにしておく。

歴史の浅い北海道でこれほどたくさんの歴史的建物に出会えるとは思ってもいなかった。

小樽に来た甲斐がある


ブログ村ランキングに参加中!
ポチッとクリックお願いします m(_ _)m
          
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 北海道への旅

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://takcchi.blog.fc2.com/tb.php/1057-27921022
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top