FC2ブログ

たか爺のお気楽リタイア生活

毎日が日曜日、きょうはなにしよっか・・

阪神淡路大震災の仮設住宅がまだ残っている 

 

平成7年(1995年)1月17日午前5時46分、淡路島北淡町野島断層を震源とする

マグニチュード7.3の平成7年兵庫県南部地震が発生した。

この地震による災害は阪神・淡路大震災と呼ばれ、

1923年の関東大震災以来の甚大な被害をもたらせた。

阪神淡路2


淡路島、神戸市、西宮市、芦屋市などは震度7の烈しい揺れに見舞われ、

死者6,434人、重軽傷者者43,792人。全半壊家屋274,181棟。焼失家屋約7,500棟、

阪神淡路1


避難者約35万人。断水130万世帯。停電260万戸。ガス停止86万世帯。

電話不通30万回線。同時多発火災約290件の大惨事に発展した。


阪神淡路2

神戸市内にある、たかっちの自宅も全壊した(あまり人には言っていないが)。

まぁ、あれから21年。なんとか援助をうけて立ち直ったよ(--)

でも、21年も経つのに、近所にいまだ仮設住宅に住んでいるご老人が居るのだ。

P1120393_SP0000.jpg

右の↑ピンクの建物。21年前の震災後、自力で10坪の土地に10坪の平屋で家を仮設住宅で

再建された。あくまでも仮設住宅。

P1120392_SP0000.jpg

いまだもって、おじいさんとおばあさんが仮設住宅に住んでいる。21年前と変わらずに・・・。

P1120391_SP0000.jpg

いまだに建物はそのまま、仮設住宅のままだ・・・。

あの阪神淡大震災から完全復興したと思われている神戸市にも、いぜんと人知れず仮設住宅で

暮している人が居る・・・。建物を本格的に建て直すことができないのだ!!?

ブログ村ランキングに参加中!
ポチッとクリックお願いします m(_ _)m
          
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ


category: 神戸の街

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://takcchi.blog.fc2.com/tb.php/1085-b2df41dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top