FC2ブログ

たか爺のお気楽リタイア生活

毎日が日曜日、きょうはなにしよっか・・

ファミマだらけになる 

 

コンビニ最大手「セブン-イレブン」の三店舗が二十六日、伊勢市中村町や神田久志本町などに同時オープンした。

伊勢志摩地域には初の出店だ。 

セブン-イレブンは今年七月末で、三重県内百二十三店舗を展開。近隣では松阪市に十二店舗あったが、

販売戦略上の理由から伊勢市には進出していなかった。

伊勢志摩サミットで警備関係者に弁当を提供したことで、住民の間で知名度が広まり、

進出への期待が高まっていた(はたしてそうなのか?)。

セブンイレブン1_SP0000


セブン-イレブン・ジャパン(東京)の広報担当は「販売戦略として複数店舗を同時に出店する。

サミット前の進出を目指していたが、綿密な調査を重要視した」と話すが。

伊勢志摩地域のコンビニは、サークルKサンクスが最も多い四十一店舗。フ

ァミリーマート(二十九店)、ローソン(十三店)、ミニストップ(九店)と続く。

それが九月にファミマとサークルKサンクスが合併して、看板がファミマに統一されてしまう。

なので9月以降はファミマ70店舗、ローソン13ミニストップ9セブンイレブン3店舗という風に

なる。ダントツの一位がファミマなのだ。


サークルKサンクスは、ファミリーマートと九月一日から経営統合する。

二〇一九年二月末までにサークルKサンクスは順次ファミリーマートに置き換わってしまう。


だんとつの一大勢力になるファミリーマート。

新興のセブン-イレブン、伊勢志摩地域のコンビニ勢力図がどう変わるか注目される。

たかっち的には、伊勢志摩地域は昔からサークルKのお店がダントツに多くて、その看板が

9月から順次なくなってしまうのは釈然としない


できたら、下のバナーを押して下さい。励みになります!!!
ブログ村ランキングに参加中!
ポチッとクリックお願いします m(_ _)m
          
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ


category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://takcchi.blog.fc2.com/tb.php/1106-70ab9453
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top