FC2ブログ

たか爺のお気楽リタイア生活

毎日が日曜日、きょうはなにしよっか・・

黒田官兵衛の中津城へ・・宮崎・大分の旅七日間(15) 

 

中津城下町へ直接向かうところを、宇佐神宮へ寄り道して思わぬ時間をとってしまった

さあ、大分県・中津城城下町をめざしていこう

5日目 9月5日(月)

P1120834_SP0000.jpg
中津市街地へ入ったら、こんな標識が見えてきた。ここが、中津城か・・


P1120826_SP0000.jpg
P1120830_SP0000.jpg
奥平家はほぼ、江戸時代~明治初めまで中津を治めたとのことである

P1120833_SP0000.jpg
P1120846_SP0000.jpg
P1120848_SP0000.jpg
この城は1964年に再建された、コンクリートの城ではあるがかなり厳密に摸して建てたとのこと

中津城4_SP0000
中津城3_SP0000
中津城2_SP0000
中津城1_SP0000
思ったよりちいちゃかったが、これがあの戦国時代の軍師・黒田官兵衛(如水)が築城した城だ

なかなか来れない、遠いところなので苦労してきたかいがあった(はたして、そうなのか?)

中津城について

周防灘(豊前海)に臨む中津川(山国川の派川)河口の地に築城された梯郭式の平城である。

堀には海水が引き込まれているため、水城(海城)ともされ、今治城・高松城と並ぶ日本三大

水城の一つに数えられる。本丸を中心として、北に二の丸、南に三ノ丸があり、

全体ではほぼ直角三角形をなしていたため扇形に例えて「扇城(せんじょう)」とも呼ばれていた。

櫓の棟数は22基、門は8棟。総構には、6箇所の虎口が開けられた。

中津城は、冬至の日には、朝日は宇佐神宮の方角から上り、

夕日は英彦山の方角に落ちる場所に築城されている。

また、吉富町にある八幡古表神社と薦神社とを結ぶ直線上に位置する。

鬼門である北東には、闇無浜神社(くらなしはま)がある

以上ウィキペディアより抜粋した

できたら、下のバナーを押して下さい。励みになります!!!
ブログ村ランキングに参加中!
ポチッとクリックお願いします m(_ _)m
          
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 九州への旅

tb: 0   cm: 2

△top

コメント

 

大分県

主人は中学卒業まで大分市にいました
生まれは台湾です
官兵衛は大河ドラマで見ました

あおぞら39 #- | URL | 2016/10/12 17:30 | edit

Re: 大分県

> 主人は中学卒業まで大分市にいました
> 生まれは台湾です
> 官兵衛は大河ドラマで見ました
生まれは台湾で、大分市で育ち
今は泉州って、すごいて゜すね(なにが!)
官兵衛の中津城は、大分県と福岡県
の県境にあり、訪問するには
不便なとこだ!!?

たかっち #- | URL | 2016/10/12 18:41 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://takcchi.blog.fc2.com/tb.php/1144-a3684162
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top