FC2ブログ

たか爺のお気楽リタイア生活

毎日が日曜日、きょうはなにしよっか・・

北野の異人館あれやこれや 

 

神戸北野町異人館を引き続きふぶらぶらした
P1130478.jpg
P1130480.jpg
北野町メイン通りにある、ベンの家。べん、便、弁・・・・ウーンーーーベンという人が住んでいたの???・・

↓調べてみたら

明治35年(1902年)、神戸の旧居留地に商館として建築された西洋館。

その後北野町の現在地に移築され、イギリス貴族で狩猟家のベン・アリソン(Ben Allison)の

日本における自邸となる。塀、壁、建具など全て居留地に竣工した当時のまま現存する

。館内にはベンが世界各地で射止めた動物の剥製が展示されており、

そこには巨大なホッキョクグマやムース、リンクス、ヘラ鹿のほか、

絶滅が危惧されている種も多く含まれる。

やっぱベンさんが住んでいたのである・・・・・(ぶっ)

P1130483.jpg
P1130482.jpg
↑は洋館長屋というらしい。いかにも、安っぽいネーミニグだな・・・一応、由来を調べてみるか

調べたところ↓

1908年、旧居留地に外国人向けアパートとして建設され、後年北野町の北野通りに

面した現在地に移築された。通りに面して左右対称の2棟が中央で連結し、

連結部の階段の左右に入口が設けられている。その洋館として一風変わった

外観が日本の長屋のようであることから、「洋館長屋」と呼ばれるようになった。

現在、当初存在していた煙突は撤去され、窓の形式が引き違いに改められるなど、

若干の変更が加えられている。

館内装飾は仏蘭西館の名の通りフランス色で統一され、アール・ヌーヴォー

を代表する作家エミール・ガレやドーム兄弟らのガラスアートの佳作をはじめ、

エコール・ド・パリのシャガールや藤田嗣治の絵画、ナポレオン時代のピアノや、

草創期のヴィトンのトランクなどが展示されている。

1908年に海沿いの旧居留地に建築された、外国人向けアパートをここ、

北野町へ移築したらしい・・



次は
P1130484.jpg
P1130485.jpg
P1130487.jpg
英国館という。客がひっきりなしに出入りしている。結構人気のある異人館みたいだ

英国館とは↓
英国人フデセック医師の診療所と住居であった異人館。イギリス人が建て、

イギリス人が住み続けた洋館。
 
異人館独特のコロニアル様式の美しいベランダを持つ外観や館内では

イギリス紳士のライフ・スタイルが濃厚に残っている。

なんか、館内では探偵シャーロックホームズの部屋を忠実に再現した部屋があるみたいだ

P1130490.jpg
P1130491.jpg
P1130492.jpg
上は神戸北野美術館だ。レストランも併設されていてオシャレな感じが漂っている・・・

神戸北野異人館とは↓
北野通りに面する石垣上に1898年(明治31年)に建設された異人館で、

戦後は1978年(昭和53年)までアメリカ領事館官舎として使用され、

その後アールヌーボーのガラス美術を展示した公開異人館「ホワイトハウス」を引き継いで、

1996年(平成8年)11月に神戸北野美術館として開館した。

昭和53年までアメリカ領事館の官舎として利用されていたのである

これはすごい、最近まで利用されていたのだ(最近というのか?)

できたら、下のバナーを押して下さい。励みになります!!!
ブログ村ランキングに参加中!
ポチッとクリックお願いします m(_ _)m
          
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 神戸の街

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://takcchi.blog.fc2.com/tb.php/1188-6f3c35f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top