FC2ブログ

たか爺のお気楽リタイア生活

毎日が日曜日、きょうはなにしよっか・・

完全に崩壊したJR六甲道駅のこと・・ 

 

このブログを愛読していただいている、あおぞら39さんから11日の当ブログに登場する神戸市の六甲道駅↓について

質問をいただいたので書いてみたいと思う・・

P1130897.jpg
P1130898.jpg
現在↑の六甲道駅海側(南口)である。キレイに修復されているが・・

P1130899.jpg
また、南口にある現在↑のメイン六甲ビル、ダイエーさんが入っている

これらの駅・ビルはなんの変哲もないが、21年前の阪神淡路大震災で壊滅的な被害を受けいてるのだ!!!

六甲道1_SP0000これ↑は1995.1.17当日朝の六甲道駅の北側正面玄関である。完全に一階部分はペシャンコになって二階が落ちている


六甲道駅2_SP0000二階部分にあったJR六甲道の文字が完全に一階部分に来ている

完全に一階部分が押しつぶされたので、震災当日駅中ベーカリーで仕込み作業中の店員さんが圧死している

六甲道駅3_SP0000
駅とメイン六甲ビルの震災当時の遠景。駅が、完全に崩壊して、ビルもガラスが粉々になり被災しているのが分かる


P1140129.jpg
↑はたかっちが撮った映像である。駅の高架部分が崩壊して、車が通れ無かったのも覚えている

P1140130.jpg
↑もたかっちが撮った写真である。復旧工事の最中のような気がする

阪神・淡路大震災によって当駅付近は、高架線もろとも駅舎が倒壊するという甚大な被害を受けた。

当初、復旧には瓦礫の撤去を行った後、高架線を新造するため2年はかかると言われていたが、

診断の結果、レールを敷く部分の梁や床は崩れていなかったため、これらの路盤をジャッキで

元の10メートルの高さまで持ち上げて水平に戻し、崩壊した橋脚のみ復旧する、

という前代未聞の工事が奥村組により行われ、震災発生の約3ヶ月後の4月1日に営業を再開した。

この時の復旧作業についてはNHK総合テレビ「プロジェクトX〜挑戦者たち〜」

(2005年(平成17年)1月11日放映「鉄道分断 突貫作戦 奇跡の74日間」〜阪神・淡路大震災〜)で取り上げられた。

復旧まで2年はかかると言われていたのを、三ヶ月で営業再開して、当時のNHKで取り上げられた。

下の↓焼け野原の写真であるが、(これはたかっちが撮った写真である)当時たかっちが愛犬の散歩によく行っていた

ところである。徒歩二分位か!??ほんとうに、たかっちの家の近所である。

六甲道駅4_SP0000

地震による通電火災で出火し↑、最初はそんなに猛火ではなかったのに、地震当日昼頃になるとあたり一面

火の海で、たかっちの家まで炎もせまり、逃げようと思っていたら火はなんとか、道路部分で遮られて

たかっちの家の直前で、火は止まってくれた!!

てもこのあたり一面の住居は全て焼けてしまい、一面に焼け野原となってしまった。

上空は曇っているように見えるが、これは皆火災の煙のせいでこんなに曇っている・・・

各地で地震の被害が出たり、当地でも地震で揺れるとギュッと胸が締め付けられ

体が硬直してしまう・・・やはり、大地震のトラウマなのか!!!!!???

できたら、下のバナーを押して下さい。励みになります!!!
ブログ村ランキングに参加中!
ポチッとクリックお願いします m(_ _)m
          
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 神戸の街

tb: 0   cm: 2

△top

コメント

 

凄い震災の写真です

怖かったでしょうね、トラウマになりますね
人生観変わりましたでしょう、京都の鞍馬のハイキングでこの震災に遭ったかたの話を聞きました
一瞬に失った物の大きさに衝撃を受けていられたようでしたv-22

あおぞら39 #- | URL | 2016/11/14 05:10 | edit

Re: 凄い震災の写真です

> 怖かったでしょうね、トラウマになりますね
> 人生観変わりましたでしょう、京都の鞍馬のハイキングでこの震災に遭ったかたの話を聞きました
> 一瞬に失った物の大きさに衝撃を受けていられたようでしたv-22
少しでも地面が揺れると
びっくりしてしまう!!
その、自分にびっくりv-12

たかっち #- | URL | 2016/11/14 09:08 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://takcchi.blog.fc2.com/tb.php/1210-92509f41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top