FC2ブログ

たか爺のお気楽リタイア生活

毎日が日曜日、きょうはなにしよっか・・

宙に浮く富士 

 

志摩市在住の写真家・泊正徳さんが11月28日、「宙に浮く富士山」の撮影に成功した。

日本最高峰・標高3776メートルの富士山まで、直線距離で200キロ以上離れた伊勢志摩。

日中はほとんど観測することができないが、早朝の条件がそろった時にだけ現れる。

昼間に観測できるのは年に数回あるかないか。

伊勢志摩からの富士山は極めて出現率が低い。

宙に浮く富士山_SP0000


「宙に浮く富士山」は伊勢志摩の海岸から見た時に、海の上に浮き上がったように見える自然現象のこと。

観測できるエリアは、日本全国の中でも鳥羽市と志摩市の東寄りの一部の海岸だけ。

宙に浮くのは寒くなる冬場だけで、春夏(秋)には浮かない。

伊勢志摩からの富士山は、1707(宝永4)年の噴火でできた標高2693メートルの宝永山までが見えることから、

標高2300メートル以上の山頂部分が水平線に現れる。

伊勢湾沿岸の三重県側からも見えるが、

鳥羽市


手前(愛知県と静岡県)に高い山があるため水平線の上からは見ることができない。

。「『宙に浮く富士山』を撮影できると『今年も冬がやってきたな』と思う。

『宙に浮く富士山』を撮影できるのは、日本で唯一伊勢志摩からだけなので、

富士山を撮影し続けるプロ・アマのカメラマンにはぜひともチャレンジしてもらいたい。

たくさん来てくれればうれしい」と話す。

こんなん、偶然では撮れないよね・・・・

できたら、下のバナーを押して下さい。励みになります!!!
ブログ村ランキングに参加中!
ポチッとクリックお願いします m(_ _)m
          
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://takcchi.blog.fc2.com/tb.php/1233-5e7f5e8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top