FC2ブログ

たか爺のお気楽リタイア生活

毎日が日曜日、きょうはなにしよっか・・

画家・小出楢重のアトリエ 

 

芦屋市の市立美術館。ここに画家・小出楢重のアトリエの再現したものが有るというので訪ねてみた

15日~23日まで、旅に出ていますので、

すぐにはコメントに返信できません。悪しからず!!!


P1140340.jpg
関西文化の日なので本日は入館料金は無料である。28年11月20日>


P1140346.jpg
芦屋市美術博物館である

P1140345.jpg
P1140347.jpg
本日は特別展をやっているのだ


P1140341.jpg
P1140342.jpg
小出のアトリエを再現したもの

P1140343.jpg
P1140344.jpg
有名な裸婦像である


P1140348.jpg
P1140349.jpg
↑の絵も有名な絵である


小出4_SP0000
N家の人たち


小出楢重について

1887年、大阪府大阪市南区長堀橋筋一丁目に生まれる。

渡辺祥益に日本画の手ほどきを受ける。1907年、東京美術学校(現・東京藝術大学)西洋画科を受験したものの不合格、

日本画1921年から1922年に渡欧。1923年二科会員に推挙。

小出3_SP0000


フランスから帰国後の1924年には鍋井克之、国枝金三、黒田重太郎らと大阪に

小出2_SP0000


「信濃橋洋画研究所」を設立し昭和前期の洋画界に新風を送り込み、

若手の先駆者となった。1931年、心臓発作のため43歳で死去。

小出1


晩年に集中して描かれた裸婦像は、

西洋絵画に見られる理想化された

裸婦像とは一線を画した、

日本人による日本独自の裸婦表現を

確立した、画家である

できたら、下のバナーを押して下さい。励みになります!!!
ブログ村ランキングに参加中!
ポチッとクリックお願いします m(_ _)m
          
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 神戸の街

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://takcchi.blog.fc2.com/tb.php/1239-ebbfb77e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top