FC2ブログ

たか爺のお気楽リタイア生活

毎日が日曜日、きょうはなにしよっか・・

澤村投手への思いを胸に伊勢でオープン戦 

 

伊勢市出身の名投手、沢村栄治の生誕百周年を記念して

同市倉田山公園野球場で行われたプロ野球の巨人-日本ハムのオープン戦では、

地元の子どもたちも試合前の式典に参加して選手たちと触れ合った。

太平洋戦争で散った沢村への思いを選手たちも口にした。

澤村1

試合前の式典では、沢村が一九三七~四三年に所属した東京巨人軍(現巨人)

で付けた背番号「14」のユニホームが、伊勢市内の小学生たちにプレゼントされた。

沢村も通った明倫小の四年中西寛君(10)は、巨人の長野久義選手から受け取り、

「手が大きくてかっこよかった」と感激していた。ユニホームは学校に飾られる。

明倫スポーツ少年団の二塁手、西川陽輝君(12)=明倫小六年=は、

試合開始の時に巨人の二塁手立岡宗一郎選手と一緒に守備位置に立った。

気さくに話し掛けられたといい「背が高かった」と喜んだ。

同少年団の野村柚人君(12)=明倫小六年=は沢村について

「伊勢で生まれた有名な投手なので、とても尊敬しています」と語った。


澤村2
試合前に小学生と守備につき、交流した↑中井選手


伊勢市出身で宇治山田商業高校時代は夏の甲子園にも出場した巨人

の中井大介内野手(27)が、フル出場で地元ファンに元気な姿を見せた。

試合前には沢村について「伊勢の偉大な先輩と同じユニホームを着て

いるのはうれしい」と語った。


 試合には一番ファーストで出場。四打数一安打だった。

試合後は「一軍に残るため、もっと結果を出さないと」と反省の弁も。

倉田山球場でのプレーはプロ入り二回目といい、

「声援ももらったし、やっぱり懐かしい」と笑顔を見せていた。

野球場のネーミングももっと考えて

澤村栄治記念球場とかにしたら良いのに!!

できたら、下のバナーを押して下さい。励みになります!!!
ブログ村ランキングに参加中!
ポチッとクリックお願いします m(_ _)m
          
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://takcchi.blog.fc2.com/tb.php/1348-73357a3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top