FC2ブログ

たか爺のお気楽リタイア生活

毎日が日曜日、きょうはなにしよっか・・

風葬の島・・沖永良部島・喜界島・加計呂麻島と奄美大島9日の旅(5) 

 

沖永良部島は雲ひとつない、快晴である

2017年6月3日(土)・・・5日目@沖永良部島

風葬の島@沖永良部島・・・・喜界島・沖永良部島・加計呂麻島と奄美大島9日の旅(5)

朝からレンタカーを借りた。ホテルまで届けてくれて

朝九時から翌日夜七時まで借りて6000円である

P1170014.jpg
まず、向かったのはジッキョヌホーだ


奄美

P1170015.jpg
ジッキョヌホー↓↑は水道が整備されるまで、貴重な水源として又、集落の憩いの場として利用された

P1170017.jpg
今でも地元の子供たちはここで、水遊びをするらしい・・・

P1170020.jpg
町指定文化財である

P1170021.jpg
さらに島東部を北上すると、こんな看板が↑

P1170023.jpg
P1170024.jpg
ウジジ浜と言って、海岸線にいくつもの奇岩が立ち並ぶ↓景勝地・・・・

P1170025.jpg
長い年月により石灰岩が↑↓侵食されたもの
P1170027.jpg


P1170029.jpg
あまり天気か゛良いので、海中に入ってみた(またか!!)↑・・・・

P1170031.jpg
海中から眺めると、↑↓更に迫力がある
P1170032.jpg


P1170041.jpg
更に北上する。↑川尻(ホーシ)岬だ

P1170042.jpg
P1170043.jpg
川尻橋↑へ車を停めた

P1170044.jpg
展望台では絶景が↑↓
P1170045.jpg


P1170047.jpg
和泊の市街地にはいると・・・こんな看板が↑


P1170048.jpg
P1170049.jpg
西郷南州・・・↑↓隆盛神社だ・明治35年創建。沖永良部島へ流罪になった後

飢餓の教えを説いたという、西郷隆盛を祀る
P1170050.jpg
P1170051.jpg


P1170053.jpg
神社の全景だ↑

P1170054.jpg
近くに西郷南州記念館があるみたいだ・・・


P1170055.jpg
西郷隆盛牢屋あとの看板が。行ってみるか・・・・・・

P1170056.jpg
これは西郷南州橋

P1170057.jpg
西郷流罪の碑文

P1170058.jpg
牢屋を復元したもので、この中で2年過ごしたという・・・

P1170059.jpg
P1170064.jpg
P1170063.jpg
牢屋の中へ入ってみた↑。意外と広いが・・・・蚊とかにかまれて、飲まず食わずで

体重は半減したらしい・・・

P1170061.jpg
記念館↑がある。入場料金は200円だ。入ってみるか・・・・


P1170066.jpg
館長さんが話好きで、また他の客もいないものだから・・・・

P1170067.jpg
話し出したら止まらない・・・・・はなすわ、話すわ・・・


P1170068.jpg
小1時間説明してくれた・・・あぁ、しんどい(どちらが??)???・・

そんなことを言ってはいけませんね。館長さん、その節はどうもありがとうございました


P1170072.jpg
車は島の最北部へ・・・と・・・こんな看板が↑

P1170075.jpg
小学校↑の校庭に日本一のガジュマルがあるという・・・・日曜日だったので勝手に入らせてもらった

明治時代の卒業生が卒業記念に植樹したらしい

P1170076.jpg
こりゃ、すごい。テレビのCMにも出てきそうである

(あとで、調べたら実際にテレビのコマーシャルに登場したらしい!!)

P1170077.jpg
P1170078.jpg
なんでも卒業生が記念に植えたそうで・・・夏も木陰↑で涼しいであろうヨ・・・

P1170079.jpg
島の北部の景勝地、フーチャである

P1170080.jpg
岩場のさらに先へ行く↑・・・

P1170081.jpg
ごつごつした岩場だ

P1170082.jpg
岩場に穴が開いて、海面が見えるゾ

P1170083.jpg
潮吹き↓↑洞窟(フーチャ)といって、風邪の強い時には70メートルも汐が吹き上げるとのこと・・
P1170084.jpg


P1170086.jpg
国頭岬灯台↑↓がそぴえる
P1170087.jpg


P1170089.jpg
比較的新しいみたいだが、こんなカラフル↑↓な神社も・・・
P1170090.jpg

P1170091.jpg
沖永良部空港↑である。まぁ、規模は喜界島空港と似たり寄ったりか!???

P1170092.jpg
近くには西郷隆盛上陸の碑文↑↓が
P1170093.jpg
P1170094.jpg
来年の大河ドラマは西郷どん・・なので、一年後にはこの地は

西郷ブームに沸いているのであろう!???


P1170096.jpg
島の中部にある、ワンジヨビーチ↑。広大な海岸が広がる
P1170135.jpg


P1170129.jpg
ワンジヨピーチの隅には、こんな洞窟↑が・・・なんか、近寄りがたい感じがしたので・・・???・・

近寄ってみた(どういうこと???)・・・立ち入り禁止のロープが張られているが!!!

P1170127.jpg
ギャッ・・中を覗くと、頭蓋骨やら骨が・・・並べられている



P1170128.jpg
骨壷・・・いやっ・・・この中に遺体を入れたのか!!!???

恐らくこの島では、昔火葬場のない時代は・・・風葬が行われていたのであろう・・・

「風葬の島」・・・・なんか、小説のタイトルにあったような気がするが!!!??ほんとに、あったとは??

P1170130.jpg
風葬場の近くには、こんな看板が↑

P1170132.jpg
自生ソテツのジャングルで、ここ↑から入るみたいである!!

P1170133.jpg
遊歩道が600メートル続いているらしいが・・・・ウン????道が荒れ果てて

草ボウボウ↑↓でないの

P1170134.jpg
あたりは暗いし、人っ子一人いないし・・・こりゃ、奥へは行かぬほうがいいか!!

沖永良部島はハブはいないらしいが!!?なんか、怖い!!

ということで、引き返して↑来ました(ぶっ)!!!

P1170141.jpg
P1170142.jpg
少し山の中へ入ると、世の主の墓↑というのが現れた

P1170143.jpg
西暦1400年ころ、沖永良部は、三国乱立の琉球・北山王の治世下で、

島の主は北山王の次男であった


P1170144.jpg
琉球風である・・・

P1170145.jpg
島へ船で来た琉球・中山王の和睦使節を、敵が攻め滅ぼしに来たと勘違いして、

妻子共々自害して果てたそうである。その島主と王妃、王子が眠る↑↓お墓である。

和睦に来たのは、世の主の妻が、中山王の娘であったからとか!!?

それを、攻めてきたと勘違いして、刺し違えて家族全員死んだ。

P1170146.jpg
この扉の奥に玄室↑があって、三人の遺骨が眠っている


P1170148.jpg
その昔、この巨大なお墓の中には巨大な庭があり、宴が催されていたそうである・・・

他にもこの、王(世の主)に仕えた忠臣、四天王のお墓もこの近くにあるという・・・

明日は、そこへも行ってみるかな!!!

できたら、下のバナーを押して下さい。励みになります!!!
ブログ村ランキングに参加中!
ポチッとクリックお願いします m(_ _)m
          
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 奄美群島への旅

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://takcchi.blog.fc2.com/tb.php/1429-576110fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top