FC2ブログ

たか爺のお気楽リタイア生活

毎日が日曜日、きょうはなにしよっか・・

サンゴ海で潜った・・沖永良部島・喜界島・加計呂麻島と奄美大島9日間の旅(6) 

 

朝から、レンタカーて゜沖永良部島を廻る

P1170163.jpg
知名港の待合↑。建物はなく切符は船内で買うそうな!!??そうなのか?

2017年6月4日(日)・・・6日目@引き続き永良部島

サンゴ海で潜った・・・沖永良部島・喜界島・加計呂麻島と奄美大島9日の旅(6)



P1170165.jpg
島の西部を時計回りに行くと・・・・・屋子母ビーチの↓石碑が見えてきた↑
P1170172.jpg

P1170171.jpg
白い砂浜とリーフの間にサンゴ礁が広がるビーチで海水浴↑をしている・・・


P1170179.jpg
さらに車を進めると、ビーチロックの表示が・・・・


P1170183.jpg
↑このような、ビーチロックは、炭酸カルシウムのセメント化作用により

海浜堆積物が固まってできたもの↑町指定の天然記念物になっている


P1170185.jpg
海の中はサンゴしょうが広がっている

P1170173.jpg


P1170175.jpg
お墓が面白い↑日本式でもないし・・・琉球式でもない・・・敷地は広い↑↓
P1170176.jpg



P1170178.jpg
お墓は日本式だが、周りはサンゴの石垣↑で囲われている


P1170189.jpg
さらに北上する。なにやら、住吉貝塚の表示が・・・

P1170190.jpg
国指定の住吉貝塚らしいが・・・・

P1170191.jpg
一面、草ボウボウでなーーーんにも見えない↑。みんな、この草の下に埋もれているのだろう・・


P1170192.jpg
少し、山手を走ると・・・↑住吉暗川(スミヨシクラゴー)の看板が・・・なんかなァ


P1170193.jpg
暗川(クラゴー)とは、地下を流れる川である。

P1170194.jpg

昭和40年頃までは、地区民は皆んなここへ、

水を汲み取りにきていた。その後この水源を利用して水道ができたらしい

P1170195.jpg
クラゴー入り口が見えてきた。降りてみるか!!!!水の神の像が!!


P1170207.jpg
↑階段を降りる

P1170206.jpg
さらに奥へ・・・・草木が生い茂っている↑

P1170205.jpg
階段がさらに続く・・・・ランプが点いている


P1170201.jpg
下から見た感じ。深い・・・・


P1170202.jpg
なにやら川↑みたいなものが見えてくる


P1170199.jpg
地下を流れる川である。地下水脈か!!???


P1170198.jpg
水流が左から・・・・↑

P1170196.jpg
右へと音を立てて、流れている・・・・地下水脈だ・・・・地下を流れる川か!???

こりゃ、すごい!!!↑

P1170208.jpg
地上には高倉式の民家が、再現されている↑↓

P1170211.jpg
この建物の中で、おじいが気持ち良さそうに寝ていたぞ!!!

P1170213.jpg
暗川・高倉を後に、昇龍洞へと車を走らせると↑の看板が・・・

P1170217.jpg
車を停めて、階段を降りると・・・・洞窟の入り口の建物が見えてきた↑

昇竜1
内部へは1000円の入場料金を払って進む・・・

昇竜2
昭和38年に発見された、国の天年記念物である

昇竜3
約40分かけて歩き、ようやく出口にたどり着いた。


P1170231.jpg
ここ、大山展望台は沖永良部島最高峰である

P1170222.jpg
へんな格好の展望台に昇る↑

P1170223.jpg
結構、急坂やなァ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P1170225.jpg
P1170226.jpg
頂上部からは絶景が広がる↑
P1170228.jpg
展望台の頂上部分↑だ・・・・結構広い


P1170234.jpg
大山を後にして、本日のハイライトの一つ、田皆岬へと向う

P1170235.jpg
国立公園に昇格した↑↓
P1170242.jpg


P1170243.jpg
島の北西部にあり東シナ海に突き出た、断崖絶壁は51メートルの高さを誇る・・・


P1170251.jpg
あたり一面、紺碧の海海・・・・・・・・・・・・・


P1170250.jpg
しかし、柵も手すりも何もなく・・・・・・・・・・・足がすくむ


P1170246.jpg
真下にはサンゴの海が広がる↑

P1170244.jpg
遠くを見渡すと、崩壊した岩がゴロゴロと転がっている・・・恐ろしげな光景だ


P1170253.jpg
お昼もだいぶ回ったので、この岬で昼食とした。パンとさつま揚げ↑・・・200円。


P1170254.jpg
さらに、西へと向うと、すぐにこんな石碑が↑

P1170257.jpg
沖泊海浜公園で、島最大の砂浜が広がる・・・

P1170255.jpg
大きなガジュマルが1本・・・

P1170258.jpg
潜ってみたが、カラフルな熱帯魚がイッパイ泳いでいる
P1170260.jpg
P1170267.jpg
海中から撮るとこんな感じになる↓↑
P1170268.jpg


P1170269.jpg
P1170271.jpg
海中からとった陸地部↑↓
P1170272.jpg
断崖絶壁が続いている↑

P1170273.jpg
海の中は暖かいのでこのまま、いたい↑気分だが・・・・・時間との兼ね合いもあり

P1170305.jpg
ここを↑あとにする

P1170310.jpg
島の中央部に、島の歴史博物館↑↓がある。入場料金200円。
P1170309.jpg


P1170308.jpg
現存する、民家を移築したもの↑↓
P1170311.jpg
P1170317.jpg



P1170323.jpg
半崎という、岬があるというので、行ってみた

P1170318.jpg
開放感抜群である↑↓
P1170319.jpg

P1170324.jpg
その、半崎の近くに、海がめビューポイントがある・・・


P1170325.jpg
満ち潮の時に集まってくるらしい↑

P1170326.jpg
双眼鏡もあるので覗いてみたが!!!!!!!!?????


P1170328.jpg
干潮時だったので↑、全然見えなかったゾ・・・残念!!



P1170329.jpg
遠くには先ほど行った、半崎の岬が見え、海には軍艦岩が見える・・・

P1170330.jpg
こんどは、こんな↑看板が見えてきた

P1170331.jpg
後蘭孫八の城跡だという↑

P1170332.jpg
城跡へ入ってみる

2011年から後蘭(ごらん)集落有志の方々のお陰で、整備され、

散策可能になった、新しい沖永良部島のパワースポット、「後蘭孫八の城跡」↓である!

P1170333.jpg
沖永良部島は、昔、琉球北山王朝系の世之主という王が島を治めていた。



P1170334.jpg
孫八は、世之主の四天王だった。


P1170335.jpg
孫八は、平家の落武者や、優れた築城家であったと言われている。




P1170336.jpg
その孫八が約600年前に建てたお城の城跡である!!

P1170339.jpg
入場は無料だ。

P1170341.jpg
太平洋戦争後すぐまで、孫八の子孫がこの城内に住んでいたという

P1170342.jpg
城跡が整備されてから、六年経っている。雑草も生い茂り、

歩くのも困難なところが多かった。

だが、沖永良部島にも王がいて、善政を施していた。今でもこの、後蘭集落の

人々、いや島の人たちに慕われている

できたら、下のバナーを押して下さい。励みになります!!!
ブログ村ランキングに参加中!
ポチッとクリックお願いします m(_ _)m
          
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 奄美群島への旅

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://takcchi.blog.fc2.com/tb.php/1430-91e5087c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top