FC2ブログ

たか爺のお気楽リタイア生活

毎日が日曜日、きょうはなにしよっか・・

伊勢高校の同級生の西村英一郎さん 

 

伊勢高校9期生のみなさま

同級生の中で思い出されるのが↓


西村2
(西村英一郎さん)

西村さんは昨年の関東の9期会へも
お元気な姿を見せていました。


西村5
(著書)

三重県・松阪市のご出身で現在は
横浜市にお住まいです。松阪市ご出身
の同級生のかたはよくご存知のはずです。


西村4
(著書)

京都大学文学部を卒業され、

青山学院大学
大学院博士課程前期終了、

メキシコ国立自治大学

への留学。専門は西洋史。特に

スペイン語現代文学、ラテンアメリカ植民地史

を得意とされている。

すごい、どんな学問か想像もつかない!!!

西村3
(著書)


平成26年まで千葉県勝浦市にある、国際

武道大学体育学部の教授を20年ほど
勤め、現在はスペイン語文学の翻訳業をされています。

西村1
(国際武道大学)

著書は数え切れませんが(ぶっ)、
私は文学的な素養は全くないので(ぶぶぶ・・・)!!?


以下は同級NMさん
(三重県立志摩病院医師)の書評です



「西村英一郎さんの訳書にエスキベル『赤いバラソースの伝説』、

バルガス・リョサ『継母礼賛』、『ドン・リゴベルトの手帳』、

『密林の語り部』、アチャーガ「オババコアック』など。

バルガス・リョサは訳書が出た後、ノーベル文学賞を受賞しており、

『密林の語り部』は岩波文庫にも収載されています。

また最近では、ジャーナリスト、ルーシー・バーミンガム

の東日本大震災のドキュメンタリー、

雨にもマケズ』の監修もされました。

西村英一郎氏が、こんど彩流社から翻訳出版したのは

『ゆかいなセリア』という本です。子供向けの本かと

思っていたら、これは大人向けです。

子育て世代にお勧めです。

私のような小児科医にも改めて子供の

感受性を再発見して見直す機会となりました。」

すばらしい同級生を持てて、誇りに思います。

いつまでも長く・・・ご活躍をお祈りします


ブログ村ランキングに参加中!


ポチッとクリックお願いします m(_ _)m
          
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://takcchi.blog.fc2.com/tb.php/1647-406c8524
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top