FC2ブログ

たか爺のお気楽リタイア生活

毎日が日曜日、きょうはなにしよっか・・

同級生は外科医で売れっ子作家だった 

 

売れっ子作家で、外科医・・・これは凄い!!


伊勢高校時代の同級生の田上鉱一朗君。

田上鉱一郎君は松阪市久保町のご出身で、小学校時代から

無類の読書家であった。その後三重大学付属中

から伊勢高校。卒業後は名古屋大学医学部へ進学。


昭和49年卒業。


田上1


田上鉱一郎君↑


現在は愛知県田原市の愛知県厚生連渥美病院の医療安全管理室長としてご活躍されている。

専門分野↓

「消化器外科・一般外科
日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会指導医
日本消化器病学会専門医
日本乳癌学会認定医
検診マンモグラフィー読影認定医 名古屋大学卒

趣味はランニング・競馬。」


田上2



田上紘一郎君の作家名は川田(かわだ)弥一郎。


以下ウィキより↓

平成時代の小説家。
10月2日生まれ。外科医として病院に勤務し,
専門知識をいかした医学ミステリーを発表。
平成4年「白く長い廊下」で江戸川乱歩賞。
作品はほかに「白い狂気の島」「銀簪(ぎんかんざし)の
翳(かげ)り」「ローマを殺した刺客」など。
三重県出身。名大卒。本名は田上鉱一郎。」


医師としての実績もすごいですが、驚嘆するのは第38回江戸川乱歩賞を

田上3


受賞した作家であり、かつ現在も医療知識を背景に↓新作を発表し続ける人気

ミステリー作家なのです。すごいですね。


田上4
書評↓↑

「十二指腸潰瘍手術後の患者が、長い廊下を病室に運ばれる途中に容体が急変

、死亡した。責任を問われた麻酔担当医窪島は、独自に調査を開始し、

意外な真相に辿り着く。しかし、その時は、彼は大学の医局間の複雑な対立の中に、

足を踏み入れてしまっていた。’92年度江戸川乱歩賞受賞作。乱歩賞初の医学ミステリー。」


田上5


作品があまりにも多すぎて紹介しきれません(^^)

現在は愛知県田原市田原町にお住まい。作品本はアマゾンで気楽に購入

できますので興味のあるかたは是非一度手に取ってみてください。

田上君とは高校卒業以来連絡をとっていないが

いちど連絡してみるか!!



ポチッとクリックお願いします m(_ _)m
          
      

category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://takcchi.blog.fc2.com/tb.php/1836-5e1395e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top