FC2ブログ

たか爺のお気楽リタイア生活

毎日が日曜日、きょうはなにしよっか・・

老舗スーパー破綻の真相・・・山梨「やまと」社長語る 

 

政経懇話会11月例会が29日、三重県津市大門の都ホテルであった。

105年続く地域のスーパーとして愛されながら昨年末倒産した「やまと」

(山梨県韮崎市)の小林久元社長(56)が「こうして店は潰れた~

地域土着スーパー『やまと』の教訓」と題して講演し、「困った人がいたら

助ける生き方をしてきた。したことは振り子のように返ってくる」と体験を話した。

小林氏は先代の多店舗展開で危機的だった経営を回復した当時を

振り返り、「地域に愛されているから救われたと感じ、今

後は恩返しのために生きようと考えた」と語った。

スーパー



家庭の生ごみの買い取りやへき地への移動販売車などのほか

、大型店の進出で閉店した商店街にあえて出店したとして

、「弱いものがやられるのが許せなかった。商店街の余命を伸ばすことも地域の商店の務め」と話した。

昨年12月、大手の問屋からの出荷停止で全店閉店に追い込まれ、

「取引先からの罵声を覚悟したが、逆に『よう頑張った』

とねぎらわれた」と明かし、「破産手続きにかかる1千万円

は友人知人からのカンパが2週間で集まった。いざという時、

人は本性が出る。人の気持ちはありがたい」と感謝した。


なかなか倒産したスーパーの社長が、人前で

話すって勇気がいりますよネ!!


にほんブログ村シニアブログランキングに参加しています
よろしかったらぜひ、ポチッとクリックお願いします
はげみになります m(_ _)m

          
      

category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://takcchi.blog.fc2.com/tb.php/1934-77ef1e40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top