FC2ブログ

たか爺のお気楽リタイア生活

毎日が日曜日、きょうはなにしよっか・・

尾鷲市九鬼町の奇祭 

 


ブリ漁が盛んな尾鷲市九鬼町で一日、ふんどし姿の男たちが泥をかけ合い大

漁や無病息災を祈願する祭り「にらくら祭り」が行われ、住民や写真愛好家ら約八十人が見物した。


 三百年ほど前、漁師が海でウニを踏んでけがをしないようにと

焼き払って供養したのが始まり。ウニの地方名「ニナ」がなまったのが名前の由来とされる。


三鬼1



 住宅街にある、高さ一メートルの石垣で囲まれた「にらくら」の中で、

薪の消し炭に海水を混ぜて泥を作り、土俵の形に成形。ふんどし

姿の男性四人が二人ずつ入り、俵をたたきつけ泥のしぶきをかけ合った。


 続いて、子ども三人も石垣の中へ。体が黒くなるほど大漁になるとされ、

大人たちに泥を塗られた。最後に全員で魚市場から海に飛び込み、身を清めた。


 参加した矢浜小五年の東源之助君(10)は「ぶつかって泥をかぶるのが

楽しかった。海に飛び込むのは怖かったけど海の中は暖かかった」と笑顔を見せた




にほんブログ村シニアブログランキングに参加しています
よろしかったらぜひ、ポチッとクリックお願いします
はげみになります m(_ _)m

          
      

category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://takcchi.blog.fc2.com/tb.php/1974-8eaa1fe7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top