FC2ブログ

たか爺のお気楽リタイア生活

毎日が日曜日、きょうはなにしよっか・・

田丸神社 

 

三重県度会郡の田丸城の近くを車で走っていたら

P1060801_SP0000.jpg

田丸神社の標識があったので

P1060803_SP0000.jpg
P1060805_SP0000.jpg

車を停めて参拝してみることにした

P1060806_SP0000.jpg

参道の階段である

P1060807_SP0000.jpg
筆塚という供養塔があった

P1060809_SP0000.jpg
古い建物である

P1060811_SP0000.jpg
P1060810_SP0000.jpg
これは本殿

P1060812_SP0000.jpg
ここで参拝をした

P1060814_SP0000.jpg
ご神木である

P1060816_SP0000.jpg
お祓い所である

P1060808_SP0000.jpg


田丸神社の由緒である

元禄15年(1702)2月京都北野天満宮より菅原道真公の御分霊を勧請され天神社としてお祀りされたのが創始とされるが、それ以前は大榎の大木を御神体とする天神様に降雨止雨を祈願する農耕神的性格を有していたと伝わる。宝永6年(1709)享保13年(1728)寛保3年(1743)安永7年(1778)寛政3年(1791)とほぼ20年毎に田丸に大火があり、これを防ぐために天神社に祈願を行い、八心思兼神、忌部神を合祀して以来、当地には大火がないと伝えられる。明治41年1月8日田丸町字魚町蛭子神社、字大手町琴比羅神社、稲荷神社、字板屋町稲荷神社、字萱町八雲神社、境内社塩竃神社、字勝田町琴比羅神社、秋葉神社、境内社瘡守社、八雲神社、大字佐田新田町浅間神社境内社稲荷神社、字新田町新田社、字下町八雲神社、字三ツ橋八橋神社八幡社、大字下田辺東山端八柱神社境内社山神社、字城山八幡神社、大字上田辺字牛尾崎八柱神社境内社山神社、字辻の長八雲神社境内社天神社、字見世門山神社を大字下田辺天神山天神社へ合祀し田丸神社と単称。同年2月21日に合祀を執行した。当神社は、菅原道真公を主祭神として19柱を奉斎している。


19社が合併してできたということか

参拝中だれにも会わなかったな・・・・・・

ブ゙ログ村ランキングへ参加中! みなさまぽちっとクリックを お願いします
                   ↓
             にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://takcchi.blog.fc2.com/tb.php/305-0614c2dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top