FC2ブログ

たか爺のお気楽リタイア生活

毎日が日曜日、きょうはなにしよっか・・

伊勢角屋ビール 

 

外宮参道に伊勢角屋ビールはあった

小さな店だが地元では有名な地ビールだ。

P1060871_SP0000.jpg


ものつくり歴史は、およそ430年前の戦国時代に始まった。

天正三年(1575年)、伊勢詣でのために舟で伊勢まで来航する、

いわゆる舟参宮の舟着き場で、旅人にお茶を振る舞う小さな茶店としてはじまった。

P1060870_SP0000.jpg


『角屋』と、『湊屋』の二軒の茶店があったことから、二軒茶屋という地名となったと伝えられ、

茶菓子の黄粉餅はいつしか二軒茶屋餅と呼ばれるようになり、

江戸、明治、大正、昭和と続き、現在も昔ながらに素朴な餅つくりを続けている。

次に

醸造業のはじまり・・18代目の挑戦

大正年間に、角屋18代目鈴木藤吉は、餅つくりを続ける一方、

味噌たまり醸造業をはじめ、角屋味噌たまりの名前で、

今なお昔ながらの木樽での醸造を続けている。

次に、ビール醸造のはじまり・・新たな世界へ

二軒茶屋

1997年、新たな取り組みとしてビールつくりを始めた。

ほとんど手探りの中、試行錯誤を繰り返してきたが、

今、このビールは国内の多くのクラフトビアバー、

酒販店様での取扱い、アメリカやカナダの一部の州でも

少しずつファンを広げている。

伊勢へ来られたら二軒茶屋餅でも良いし、角屋ビールでも良いし

一度味わってくださいネ!


(うちの、親戚でもあるんだわ・・・)


ブ゙ログ村ランキングへ参加中!みなさまぽちっとクリックを お願いします
                   ↓
             にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://takcchi.blog.fc2.com/tb.php/322-328f90eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top