FC2ブログ

たか爺のお気楽リタイア生活

毎日が日曜日、きょうはなにしよっか・・

お伊勢さんの塩田 

 

伊勢神宮で使用する御塩(みしお)を海水から精製する昔な

がらの塩作りが7月16日から8月2日まで、伊勢市の「御塩浜」や

「御塩殿(みしおどの・みしおでん)神社」(伊勢市二見町)で行われていた。


7月16日~25日、五十鈴川の河口の海水と淡水が交じり合う

場所にある約6600平方メートルの塩田「御塩浜」で鹹水(かんすい)

を作る作業が行われた(19日、20日は雨天のため作業は中止)。

今回の作業で4斗樽(約72リットル)で25樽が出来上がった。

塩田


伊勢神宮の御塩は、江戸時代初めに技術が確立された

とされる入浜式製法で作っている。入浜式は、塩田を整備し(浜をおこす)、

海水を入れ(潮を入れる)、沼井(ぬい)の中の砂を塩田全体

にまき(浜をひろげる)、天日の力で乾燥させる。砂をかき起し

さらに乾燥を助け(浜をかえす)、水分が飛び乾燥したところで

砂を集め(浜をよせる)、沼井の穴の中に塩を含んだ砂を

運んで入れ、その砂の上に海水を注ぐ(塩をおそう)と、

塩分濃度の高い(10度~20度)の鹹水が出来上がる。

原始的だが厳かな儀式だな・・・・・・

ブ゙ログ村ランキングへ参加中!みなさまぽちっとクリックを お願いします
         ↓

      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://takcchi.blog.fc2.com/tb.php/357-cdaac1e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top