FC2ブログ

たか爺のお気楽リタイア生活

毎日が日曜日、きょうはなにしよっか・・

斎宮跡復元工事 

 

斎宮歴史博物館(明和町竹川)は二十日、

同町斎宮の国史跡斎宮跡で建設中の、平安時代の復元建物

三棟の進捗状況を公開する工事見学会を開き、

町民や建築関係者ら約百六十人が参加した。

復元建物は、伊勢神宮に仕えた未婚の皇族女性

「斎王」を守る役所「斎宮寮」を、遺構の上に復元する。

今回は、鉄骨の周りに材木をまく木工事が進む西脇殿に加え、

鉄骨が組み上がってきた正殿も公開。日本古来の木造建築の

雰囲気を持ちながら、柱の中心には鉄骨を入れて補強

していることなど、施工者が工法を説明した。

斎宮跡復元工事


またヒノキの樹皮を用いる日本独自の伝統的な

屋根工法「檜皮葺(ひわだぶ)き」の葺き方を見てもらおうと、

職人が檜皮作りと檜皮葺きを地上で実演した。

職人が樹皮を一・二センチずつずらしながら重ね、

竹製のくぎを、目にも止まらぬ速さで打ち付けて固定していくと、

参加者はのぞき込んだり、職人に質問したりしながら見学していた。

三重大学工学部建築学科三年の岩本佳寿美さん(21)ら

四人の学生は「釘を打つスピードがすごく早かった。

こういう技術を間近で見られて良かった」と興味深そうに見ていた。

実演した屋根葺き職人の田中社寺屋根工事部の

青山亨さん(38)は「多くの人が檜皮葺きに関心を持って

もらえる機会になった」と話していた。

学会は八月から毎月実施しており、今回で五回目。

完成したら一度見に行くぞ

ブ゙ログ村ランキングへ参加中!みなさまぽちっとクリックを お願いします
         ↓

      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://takcchi.blog.fc2.com/tb.php/488-2175d504
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top