FC2ブログ

たか爺のお気楽リタイア生活

毎日が日曜日、きょうはなにしよっか・・

最後の津芸者 

 

津市内の芸者でつくる「津芸妓(げいぎ)寮組合(津検番)」
が十二月いっぱいで解散する。最後の組合員で今回、

引退する三人は「お座敷文化の明かりを絶やすことは残念ですが、

温かいご支援をいただいてきました」と感謝の言葉を口にする。

引退するのは晴美=本名・岡美津子=さんと静=本名・山本和子=さん、

若菜=本名・林邦代さんの三人。ともに年齢は秘密だが、

十八歳のころから組合に属し、「半世紀以上の付き合い」と話す。

市唯一の芸妓組合には、戦前は二百人以上、戦後は多いときで

九十人ほどの芸者がいた。だがバブル経済が崩壊してから、

同市乙部周辺にあった料亭やお茶屋が相次いで閉鎖。

津芸者


カラオケなど新しい娯楽の増加もあって芸者の数は

減る一方で、この十年ほどは三人で続けてきた。

解散は、三人に三味線や唄、踊りの指導をしていた元芸者

が体力的な問題で稽古をつけられなくなったのがきっかけ。

晴美さんが引退の意思を固め、十月ごろ、二人に伝えた。

「三人のうち誰が欠けてもだめ」と思ったという静さんと若菜さん。

「まだ余力がある中で、皆さんに惜しまれながら華やかに

終わろう」とそろっての引退を決めた。

十二月に入って常連客に引退のあいさつをして、

三人そろってのお座敷は二十二日に終えた。

静さんは「三人は毎日お座敷やお稽古で顔を合わせる姉妹以上の仲。

お客さまに送別会をしていただいて、ありがたいと

ともに寂しくて」と声を詰まらせた。

晴美さんは「今後のことはまだ何も考えていません。

また何か皆さまのお役に立てる場があれば」と語った。

芸者文化の火が消えるのか!

ブ゙ログ村ランキングへ参加中!みなさまぽちっとクリックを お願いします
         ↓

      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://takcchi.blog.fc2.com/tb.php/499-4067df95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top