FC2ブログ

たか爺のお気楽リタイア生活

毎日が日曜日、きょうはなにしよっか・・

玉城町ワイン 

 

三重県玉城町在住の二十、三十代の若手を中心に、

地元を盛り上げようと「玉城ワイン部」が結成され、メ

ンバーが栽培に関わった町内産デラウエアを原料にした

「玉城ワイン」を販売している。町内の畑でのブドウ栽培も

本格化し「将来は玉城にワイナリーをつくりたい」と意気込んでいる。

町内でのワイン作りは、部の代表で同町勝田でレストラン

「野の花亭」を経営する楠川喜広さん(31)の母、陽子さんが開始。

七年前、形が悪いなどで市場に出せないデラウエアを

買い取って酒造業者に委託して始めた。

ワイン


陽子さんから喜広さんに「若い人でやってみたら」と

提案したのをきっかけに、昨年、部を設立し事業を引き継いだ。

メンバーは、町内産ブドウをPRする催し「ぶどう祭り」などを

通じて親しくなった二十六~三十三歳の町職員や

教員ら男女八人。休日に農家に通って枝切りや袋かけを手伝い、ブドウを育てた。

今季は収穫した約八百キロを使い、伊賀市と大阪の

業者に委託して赤ワイン百本と白ワイン七百本を醸造。

楠川さんの祖母の名を付けた赤ワイン「みちこ」はブドウの

風味を生かしたフルーティーな味わい。田丸城をイメージした

新製品の白ワイン「城」は、やや甘口のやさしい味に仕上がった。

部は既に町内に土地を借り、四月にワイン向け品種を植

える準備を進めている。楠川代表は「ぜひワインを飲んで、

地元の農業を応援してほしい。将来は玉城をワイナリーで有名にしたい」と意気込む。

玉城ワインは七百二十ミリリットル入りで、赤が税込み二千五百円、

白は二千三百円。野の花亭で通信販売の注文を受け付ける。

同町原の農畜産物直売所「ふるさと味工房アグリ」でも販売している。

(問)野の花亭(水曜、第三日曜定休)=0596(58)7376

値段が高いのとちゃう?


ブ゙ログ村ランキングへ参加中!みなさまぽちっとクリックを お願いします
         ↓

      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://takcchi.blog.fc2.com/tb.php/510-9cddb2ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top