FC2ブログ

たか爺のお気楽リタイア生活

毎日が日曜日、きょうはなにしよっか・・

猿田彦神社へ 

 

先週、伊勢へ帰ったときに母・妹と猿田彦神社へお参りに行った

P1070980_SP0000.jpg

夕方であったが、まだ参拝客は多かった

P1070979_SP0000.jpg

まだまだご遷宮の真っ只中である

P1070983_SP0000.jpg
P1070984_SP0000.jpg

日本神話によれば、猿田彦神はニニギの天降りの先導を終えた後、伊勢の五十鈴川の川上に

鎮まった。倭姫命世記によれば、その子孫の大田命は天照大神を祀る地として倭姫命に

五十鈴川川上の地を献上した。大田命の子孫は宇治土公(うじのつちぎみ)と称し、

神宮に玉串大内人として代々奉職したが、その宇治土公が邸宅内の屋敷神として祖神の

猿田彦を祀っていた。明治時代に入り、神官の世襲が廃止されることになって、

屋敷神を改めて神社としたのが猿田彦神社である。

P1070985_SP0000.jpg

猿田彦神がニニギの先導をしたということから、交通安全・方位除けの神社として信仰されている。

P1070986_SP0000.jpg


本殿は「さだひこ造り」と呼ばれる特殊な妻入造である。欄干や鳥居には八角形の柱が

使用されている。5月5日の御田祭は、三重県の無形民俗文化財に指定されており、

神饌として飛魚を献上する風習がある。

P1070976_SP0000.jpg

境内には、天降りの際に猿田彦神と応対した天宇受売命を祀る

佐瑠女神社(さるめじんじゃ)

P1070977_SP0000.jpg

猿田彦神社の本殿に向かい合うように建っており、芸能の神として信仰されている。


P1070978_SP0000.jpg

ブ゙ログ村ランキングへ参加中!みなさまぽちっとクリックを お願いします
        
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://takcchi.blog.fc2.com/tb.php/552-e96c57e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top