FC2ブログ

たか爺のお気楽リタイア生活

毎日が日曜日、きょうはなにしよっか・・

竹内浩三没後70年 

 

伊勢市出身で二十三歳で戦死した詩人、竹内浩三の作品を記した看板

の除幕式が十日、生家があったとされる同市吹上二のスーパー「ぎゅーとら八間通店」

の敷地内であった。除幕に先立ち、市内では生誕祭も催され、

地元の児童生徒が詩を朗読。暗い時代に明るさを失わなかった、戦没詩人の心情に思いをはせた。

看板の設置は、竹内の詩の朗読会を開く市民有志の赤門三ツ星会が

「多くの市民に作品に触れてもらおう」と二年前から始めた。


竹内2


これまで母校の明倫小学校と宇治山田高校、伊勢市役所に設置してきた。

新たな看板は縦九十センチ、横百二十センチのアルミ製。竹内が少年期に

創作した「しかられて」「うどん」の二編の詩を両面に分けて掲載し、

竹内の写真や同時期に描いたイラストも添えた。

竹内1



除幕式には市民ら約三十人が集まり、赤門三ツ星会代表の岡田美代子さん

(77)らが白い幕を外した。岡田さんは「五月晴れのような気持ちで大変うれしい。

今後も看板を増やしていきたい」と話していた。

菩提寺の赤門寺は実家の近くにある


span style="color:#3399ff">ブ゙ログ村ランキングへ参加中!みなさまぽちっとクリックを お願いします
        
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://takcchi.blog.fc2.com/tb.php/621-dd8c135d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top