FC2ブログ

たか爺のお気楽リタイア生活

毎日が日曜日、きょうはなにしよっか・・

一年中注連縄・・ 

 

故郷伊勢では、「蘇民将来子孫家門」か「笑門」の護り札を

しめ縄に付けて、一年中門口に飾る。

笑門



昔、伊勢の地を旅した須佐之男命が、夕暮れに泊まるところがなく

困りはてていた。


この地には、将来兄弟という二人が住んでおり、弟の大変裕福であった巨旦将来に、

宿を頼んだが、これを断られてしまう。

その兄である、大変貧しい暮らしをしていた蘇民将来は、この頼みを快く引き受け、

貧しいながら、出来る限りで、もてなし一夜を過ごした。

須佐之男命は、これを大変喜び、一宿の恩返しとして、茅の輪を与え、

「後の世に疫病あらば、蘇民将来の子孫と云いて、その茅の輪を腰に付けたる者は、

難を逃れるであろう」と言い残した。

笑門か


以来、蘇民家は、後の疫病が流行っても免れ、代々栄えたという。

この故事にあやかり、「蘇民将来子孫家門」そみんしょうらいしそんのかもんの

護り札をしめ縄に付けて、

一年中門口に飾り、無病息災を願う、慣しとして今に受け継がれているのである。

ブ゙ログ村ランキングへ参加中!みなさまぽちっとクリックを お願いします
        
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://takcchi.blog.fc2.com/tb.php/670-88caa25b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top