FC2ブログ

たか爺のお気楽リタイア生活

毎日が日曜日、きょうはなにしよっか・・

半泥子の名品津で展示へ 

 

百五銀行の元頭取で陶芸家の川喜田半泥子(一八七八―一九六三年)をはじめ、

川喜田家が収集した芸術作品や文化財を展示する「所蔵名品展Ⅱ」が十七日、

津市垂水の石水博物館で始った。八月二十三日まで。月曜休館。

博物館四十周年を記念する展覧会の第二弾。

日頃、問い合わせの多い三十三件を一挙公開する。

ハンデイシ


最も問い合わせが多い「古伊賀水指・鬼の首」は半泥子が熱愛した伊賀焼。

こげやひずみ、割れで荒々しさが表現され、武将らに好まれたという。

このほか、浮世絵画家で有名な写楽の世界に二つしかない肉筆画の一つ

「老人図扇面」、狩野永徳が絵の納品の遅れを依頼主に謝罪する旨を記した

手紙「狩野永徳書状」などえりすぐりの名品が並ぶ。

午前十時―午後五時まで。入館料は五百円(高校生以上の学生は三百円)。

問い合わせは同博物館=電話059(227)5677=へ。

陶芸家半泥子の名前は良く聞くが、実業人だったとは

ブ゙ログ村ランキングへ参加中!みなさまぽちっとクリックを お願いします
        
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://takcchi.blog.fc2.com/tb.php/697-23ce2ecd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top