FC2ブログ

たか爺のお気楽リタイア生活

毎日が日曜日、きょうはなにしよっか・・

奇岩・鳥羽の浦神社 

 

鳥羽の浦村、奇岩の直下にあったのは

P1080969_SP0000.jpg

浦神社と書いてある

P1080968_SP0000.jpg

「浦の権現さん」と地域の方から親しまれている浦神社は、明治40(1907)年に近隣の神社が一緒になってつくられたと

伝えられている。主祭神に「安曇別之命(あづみわけのみこと)」という女性の神様がまつられている。

高さ百尺余り(約30m)の大きな一枚岩を御神体としている浦神社。

御神体は、傾斜が急な50段の石段を上がった本殿の上にご鎮座している。,

P1080973_SP0000.jpg

入り口の山門である

P1080974_SP0000.jpg

ものすごく急峻な参道を登っていく

P1080976_SP0000.jpg

さらにもっと急な階段を登ると本殿がある

P1080977_SP0000.jpg

これが本殿である。その奥に大きな一枚岩のご神体がある

P1080978_SP0000.jpg

P1080979_SP0000.jpg

目薬の水。浦神社の本殿の上には約3m余りの滝があり、滝を流れる水は一度も絶えたことがないといわれている。

本殿の左側には祠があり、そこに古くから眼病治癒に良いといわれている湧き水がある。

P1080981_SP0000.jpg

「目薬の水」と呼ばれている湧き水は、その昔、湧き水を飲むと目の病がよくなるということからその名が付けられた。

P1080984_SP0000.jpg

老眼や疲れ目など眼病治癒のために、湧き水を求めて参拝に訪れる人もいるらしい。

P1080985_SP0000.jpg

社務所である。立派だ。

P1080987_SP0000.jpg

去年六代目桂文枝師匠が揮毫している。驚きだ

P1080989_SP0000.jpg

改めて、ご神体を仰ぎ見てみる。海辺にひっそりと佇む浦神社伊勢志摩に訪れた際は、

神秘に包まれた浦神社を参拝に訪れてみる価値はある。

ブ゙ログ村ランキングへ参加中!みなさまぽちっとクリックを お願いします
        
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 故郷伊勢

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://takcchi.blog.fc2.com/tb.php/708-3c1ce95b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top