FC2ブログ

たか爺のお気楽リタイア生活

毎日が日曜日、きょうはなにしよっか・・

難攻不落の原城址へ 

 

原尻の滝を後にして、豊後竹田市の岡城址へ国道502号線をひた走った。

P1090349_SP0000.jpg


P1090350_SP0000.jpg

岡城址登城口から見た、そびえたつ岡城址。歩いて行けば片道40分はかかると脅かされた

P1090351_SP0000.jpg
案内文を読むと土日に限り無料のシャトルバスが有るというではないの・・

P1090365_SP0000.jpg

早速案内所で300円也の入場料金を支払いもらったのがこれ登城手形だ。

P1090353_SP0000.jpg

シャトルバスは直ぐきた。客は私のみ。

P1090364_SP0000.jpg

曲がりくねった道をバスは登るがハンドルを何度も切りなおさねばならぬ細い険しい道だった。

P1090355_SP0000.jpg
やっと二ノ丸下へ着いたが、バスでも15分近くはかかったぞ。敵の侵入防止でわざと道をくねくね曲がらせているのだろう。

P1090357_SP0000.jpg


P1090356_SP0000.jpg
(二の丸にも滝廉太郎の銅像があった。ここで彼は少年時代遊んだらしい)

高さ325mの高さにそびえ立つ岡城。文禄3年(1594)に豊臣秀吉の命でこの地にはいった岡藩初代藩主

中川秀成(なかがわひでしげ)が石垣づくりのお城にした。現在も石垣補修や環境整備のため有料となっている。

駐車場から、大手門か近戸門の険しい城道を登る。

二の丸には高等小学校時代に親しんだ「荒城の月」の作曲者瀧廉太郎像(朝倉文夫作)がある。

P1090358_SP0000.jpg

P1090359_SP0000.jpg

P1090362_SP0000.jpg
本丸からの風景。

P1090363_SP0000.jpg

ブ゙ログ村ランキングへ参加中!みなさま
ぽちっとクリックを お願いします

        
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

category: 九州への旅

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://takcchi.blog.fc2.com/tb.php/784-c25f8688
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top