FC2ブログ

たか爺のお気楽リタイア生活

毎日が日曜日、きょうはなにしよっか・・

虚子記念文学館へ行ってきた 

 

俳人 高浜虚子の文学館が芦屋にある。天気もよかったのでいってみた
DSCF2391_SP0000.jpg


DSCF2390_SP0000.jpg

平田町の閑静な住宅街にある
DSCF2394_SP0000.jpg

俳人仲間との交わりもある
DSCF2395_SP0000.jpg

DSCF2396_SP0000.jpg
おしゃれである

DSCF2398_SP0000.jpg

今日は無料で入場できた(普段は500円である)
DSCF2397_SP0000.jpg

高浜 虚子
(たかはま きょし)

誕生 1874年2月22日
 愛媛県温泉郡長町新町

死没 1959年4月8日(満85歳没)

職業 俳人・小説家

ホトトギス派

代表作
『虚子句集』

主な受賞歴
文化勲章
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

高浜 虚子(たかはま きょし、1874年(明治7年)2月22日 - 1959年(昭和34年)4月8日)は明治・昭和期の俳人・小説家。本名・高濱 清(たかはま きよし)。

ホトトギスの理念となる「客観写生」「花鳥諷詠」を提唱したことでも知られる。

category: 兵庫のこと

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://takcchi.blog.fc2.com/tb.php/92-6c6f9237
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top