FC2ブログ

たか爺のお気楽リタイア生活

毎日が日曜日、きょうはなにしよっか・・

バイクで巡る与論島・与論・奄美群島の旅(5) 

 

百合ケ浜のある大金久海岸(オオガネク又はウブガニク)から南下する

P1110263_SP0000.jpg

4月14日(木)二日目。赤崎海岸(アーサキ)である。サンライズビーチといったこじゃれた名前もついている(ぶっ)

P1110259_SP0000.jpg

このビーチは砂浜もビーチもありシュノーケリングが楽しいビーチである

P1110260_SP0000.jpg
P1110261_SP0000.jpg
P1110261_SP0000.jpg
P1110262_SP0000.jpg

このあたりの海は全てさんご礁に囲まれた、礁湖で波も穏やかである

P1110275_SP0000.jpg
前浜海岸。岩場が多く磯遊びに最適なビーチ↑。

更に時計回りにバイクを転がしていく。与論島は遠くからの見た目以上に、アッブダウンが

きつく、自転車ではまわれないと思われる。まぁ車かバイクだなっ!!!!!

P1110276_SP0000.jpg


P1110277_SP0000.jpg

与論城跡から見た沖縄本島方面の海↑。結構海抜が高いところにありやはり自転車では無理だ。

P1110279_SP0000.jpg

沖縄の本土復帰前はここで会場集会が開かれたらしく、その記念碑が建っている。

P1110284_SP0000.jpg

↑与論城跡の全景。山の上にあるのがよく分かる。


P1110287_SP0000.jpg

この与論城は、琉球の支配下に入る前、15世紀にサンシャインという豪族が建てたとのこと

P1110288_SP0000.jpg

龍頭といって、一番高いところにある

P1110294_SP0000.jpg
琴平神社という社がある

P1110295_SP0000.jpg

昔の与論の暮らしを撮った写真があり、興味深い

P1110296_SP0000.jpg
後ろには沖縄本島が見える

P1110297_SP0000.jpg

城跡に土俵があった。この辺、与論・徳之島・奄美は今でも相撲が盛んである

ブログ村ランキングに参加中!
ポチッとクリックお願いします m(_ _)m
          
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ


category: 九州への旅

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://takcchi.blog.fc2.com/tb.php/972-c96b4e52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top